2019. 05. 15  
川辺りの土手斜面に咲いていたピンクの花、ハルジオンだなと思いました。
ハルジオン

急斜面の土手だけど近寄ってみたらやはりハルジオンでした。ヒメジョオンだとここまで無理はしない(笑)。どちらも要注意外来生物に指定されていますがヒメジョオンは年中どこでも見られるしその陰に隠れてかハルジオンの方は要注意と言った感じはしない。
ハルジオン

早朝のだったせいでしょうかまだ舌状花が十分開いてなかった。
ハルジオン

傍にあった真っ白な花、こちらではハルジオンはピンク系のが多くこれはてっきりヒメジョオンかなとおもっていましたがこれもハルジオンでした。
ハルジオン

舌状花の数が多くホッソリしているのが特徴、慣れればこれだけで区別がつきます。
ハルジオン

茶色いのが葯筒でそこから2列した柱頭が出ていますがそれ程伸びません、舌状花の基部にも雌しべが見えています、筒状花のとは色も形もだいぶ違う。
ハルジオン

半球形の総苞、半球と言うより円筒に近い。
ハルジオン

葉の基部が耳状に張り出し半ば茎を抱く、全体に毛が多い。
ハルジオン

キク科ムカシヨモギ属

(5月4日撮影)
2019. 05. 15  
ハナニガナを撮ったので序にニガナも。日当たりの良い場所によく群生しています。
ニガナ

舌状花5枚だけのシンプルな構成、蕊も5本、正面からの写真はピンぼけになってしまった(^^;)
ニガナ

舌状花は5-7枚までがニガナ、これは6枚、バランスが壊れているしやはり5枚のシンプルな方が好み。
ニガナ

長く伸びた葯筒から更に長い花粉まみれの雌しべ、キク科の花は多いが蕊の様子はこれが一番撮りやすいかな。
ニガナ

細い舌状花が生じています。舌状花自体は5枚のようだが蕊は6本ある。
ニガナ

こちらも細い舌状花、蕊のクルリンも花粉まみれ
ニガナ

ハナニガナより葉が細い気がするが上部の葉しか撮ってないからな。
ニガナ

キク科ニガナ属

おまけ、この日見かけた環水平アーク、太陽の下46°の位置に出来る水平虹です。
環水平アーク

(5月12日撮影)
2019. 05. 15  
タカサゴソウと同じ場所に咲いていたので序に撮ってみたハナニガナ
ハナニガナ

舌状花の数が5-7でニガナ、8以上でハナニガナだそうです。これは見た感じだけでハナニガナと判断。
ハナニガナ

これはどちらも10枚、今まで最高は11枚、10枚くらいまでは普通に見られる。
ハナニガナ

これは8枚、細い花弁が見えていますが蕊が花弁化したものでしょうか。
ハナニガナ

同じ場所に咲いていたこれはどれも6枚です、でもニガナじゃなくハナニガナかなと思う、根拠はないけど(汗)
ハナニガナ

葯筒から花粉まみれの長い花柱が出ている、同じキク科でも花粉がよく見られるのとあまり見られないのがあるような。
ハナニガナ

細い円筒状の総苞、外片は小さく鱗片状になっている。
ハナニガナ

最後は青空バック、舌状花が開き数も多いので様になります。
ハナニガナ

キク科ニガナ属

(5月4日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR