2019. 05. 31  
ヒエガエリと同じ場所に生えていた、スゲ属だと思いましたが小穂が小さいのが印象的で撮ってみました。
コジュズスゲ

どうやらコジュズスゲのようです、ジュズスゲとは随分イメージが違う。小穂の下から長く伸びているのは苞です。
コジュズスゲ

頂部に雄小穂があるそうですが見当たりません、小さいそうですが。葯のように見えているのは別物のようです。
コジュズスゲ

雌小穂には花の数が少ない、柱頭は3岐。
コジュズスゲ

下部の雌小穂には長い柄があるそうだが見当たらない。
コジュズスゲ

雌鱗片の中肋は緑色、両側に白膜質の鱗片がある。
コジュズスゲ

カヤツリグサ科スゲ属

(5月17日撮影)
2019. 05. 31  
林道の空き地に咲いていたイネ科の植物、あまり見かけたことがないので撮ってみました。
ヒエガエリ

どうやらヒエガエリのようです。
ヒエガエリ

穂の下の方が十分開いていないので検索で見たヒエガエリとは大分イメージが違いますが間違いないかな。
ヒエガエリ

長い芒を持つ、雄しべは見えているが雌しべは見えてないかな。
ヒエガエリ

芒は苞穎と同長、小穂には苞穎より短い第一小花がある。
ヒエガエリ

葉舌が長く鋭形、この辺りの部位の名前も記憶の為に書いておこ。
ヒエガエリ

イネ科ヒエガエリ属

(5月17日撮影)
2019. 05. 31  
溜池脇に群生していたゴウソ、叢生する様子がよくわかります。これもよく見かけ初心者の頃既に知っていた。
ゴウソ

ここは以前は溜池の中でしたが水が抜かれて湛水しなくなりゴウソが大群生していた、水を被るような場所では生えないそうです。
ゴウソ

茶色く細長い雄小穂と緑色で太くぶら下がった雌小穂。
ゴウソ

雄小穂、葯は脱落しやすいそうで殆ど見えていません。
ゴウソ

雌小穂は熟するに連れて垂れ下がるそうでこれも花としては終わりの頃でしょうか。
ゴウソ

柱頭は2岐、鱗片は果胞より少し長い、中肋は緑色で周囲は褐色、更に外側は半透明、中肋は突き出て芒となる。
ゴウソ

カヤツリグサ科スゲ属

(5月23日撮影)
2019. 05. 31  
これは割と初心者の頃でも知っていたギョウギシバ
ギョウギシバ

地味なイネ科でも蕊が出ている時に撮りたい。
ギョウギシバ

できれば雄しべと雌しべを撮りたい、雄しべは割と残っていることが多い。
ギョウギシバ

雌しべが随分規則的に並んでいます、雄しべは部分的だけど既に落ちたのか、初めから無かったか。
ギョウギシバ

葉鞘上部の縁に長毛があるそうですがこれは見当たらない、葉舌も見当たらないな。
ギョウギシバ

蕊がびっしり出ているのもありました。
ギョウギシバ

垂れ下がった雄しべ、ブラシ状の雌しべはピンクがかっている。
ギョウギシバ

小穂だ、苞穎だ、と言うと嫌になるから止めておこ(^^;)。これは分かりやすいからそこまで踏み込まなくてもいいかな。
ギョウギシバ

イネ科ギョウギシバ属

(5月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR