2019. 06. 01  
初めてのコジキイチゴ、日当たりの良い場所に生えていた。
コジキイチゴ

一番高いこれで2mくらいだがこれは花を咲かせていなかった、周りに他に小さい株が幾つもあった。
コジキイチゴ

花の大きさは2cm程、花弁が細く隙間から萼片が見えている、花弁とほぼ同長。
コジキイチゴ

萼片裏や花柄に赤い腺毛が密生。
コジキイチゴ

花が終わる頃花弁が反るようです。
コジキイチゴ

未熟な果実は楕円形、枯れた花柱が残っている。赤く熟す頃また来てみなくては。
コジキイチゴ

茎に赤い腺毛が密生。
コジキイチゴ

大きな棘もあるのだが腺毛が凄すぎて目立たない。
コジキイチゴ

腺毛ドアップ。
コジキイチゴ

奇数羽状複葉、小葉は2-4対。
コジキイチゴ

小葉には不揃いの重鋸歯がある。
コジキイチゴ

葉柄下部にも棘と腺毛、これでも十分生えているのだが茎が凄すぎてそれ程には感じない(笑)
コジキイチゴ

葉軸にも腺毛が生える。
コジキイチゴ

葉の裏、葉脈上にも腺毛と棘がある、影の具合から長さが分かるかな。
コジキイチゴ

葉の裏の棘も凄い、主脈だけでなく側脈にも腺毛が生えている。
コジキイチゴ

バラ科キイチゴ属

(5月23日撮影)
2019. 06. 01  
擁壁の金網に這い登って盛大に花を咲かせていた、普通にノイバラかなと思っていたのですが
ヤマイバラ

花を撮っている内に何となく大きいことに気がついた、ヤマイバラかな。
ヤマイバラ

托葉を見ると全縁、やはりヤマイバラでした、縁に短い腺毛が生えている。ノイバラは櫛歯状に裂ける。
ヤマイバラ

花の大きさは4,5cmとノイバラに比べて大きい。
ヤマイバラ

雄しべが終わる頃雌しべを隠すように丸まる。
ヤマイバラ

多数の雄しべに緑色の雌しべ。
ヤマイバラ

花柱に毛が生えている。場所が分かりやすいから今年は果実を撮らなくては。
ヤマイバラ

花柄にも赤い腺毛、萼片は反り返る。
ヤマイバラ

奇数羽状複葉、小葉は2-3対で艶がある。
ヤマイバラ

茎には鈎型の下向きの棘。秋吉台には他にミヤコイバラやヤブイバラがあるようで探さなくては。
ヤマイバラ

バラ科バラ属

(5月17日撮影)
2019. 06. 01  
おやこんなとこにも咲いていたツクシイバラ
ツクシイバラ

殆ど花弁がピンク色をしているとこで判断しています。
ツクシイバラ

中央の花は葯が黄色ですが左の花は褐色になりかけ右のは褐色、それに伴って色も白くなっています、だんだん色が薄くなってくるんでしょうか。
ツクシイバラ

強い日差しの中ピンク色の花が綺麗だった。
ツクシイバラ

多数の雄しべの中に緑色の雌しべ、手持ちマイクのような形をしている。
ツクシイバラ

萼や子房、花柄に赤い腺毛が生えている。
ツクシイバラ

小葉に艶があるのが特徴、ノイバラには艶がない。
ツクシイバラ

葉軸にも赤い繊毛が生える、托葉ばかり注目していたのでこの部分は撮り忘れた(^^;)
ツクシイバラ

托葉は櫛歯状に裂け赤い腺毛がある。
ツクシイバラ

赤い腺毛がびっしり生えている。
ツクシイバラ

バラ科バラ属

(5月23日撮影)
2019. 06. 01  
コジキイチゴと同じ場所に咲いていた黄色い花、ミヤコグサの仲間。このコジキイチゴは株が小さいのか花を咲かせていなかった。
ミヤコグサ

花序の花は4つ、ミヤコグサは1-3(4),セイヨウミヤコグサは3-7だそうなのでセイヨウミヤコグサと判断したんですが
ミヤコグサ

萼裂片が萼筒より長そうでミヤコグサかな。萼筒に毛が生えているがこれだけでは区別できないようです。
ミヤコグサ

葉や茎は無毛、セイヨウミヤコグサは有毛だが毛のないのもあるそうだ。
ミヤコグサ

花自体では区別できず。
ミヤコグサ

花序下に3枚の総苞。区別点に例外もありもう区別する必要があるのかと思ってしまう。
ミヤコグサ

マメ科ミヤコグサ属

(5月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR