2019. 06. 06  
去年群生していた場所のヤマトキソウ、まだ早いかなと思いましたが一つだけ咲いていた。右下にもう一つ蕾が見えている。
ヤマトキソウ

元々それ程開かないので赤い唇弁が見えていれば開花でOK。
ヤマトキソウ
(5月17日撮影)

他の場所で見つからなかったので一週間後同じ場所に来てみました。画面左側に2つ咲いている、全部で10株程咲いていた。右側に見えているのはノギラン根生葉、普通ならヤマトキソウを探す頃もう茎を伸ばしているんですが今年は殆ど伸びてなかった。
ヤマトキソウ

これは一週間前見ていた花、その時開いていた花はまだ咲いているけどやはりそれ程開いていない。右下の蕾だったのは花が開き下側にもう一つ蕾が見えている。
ヤマトキソウ

これが一番開いていた、ピンク色がやや強い。
ヤマトキソウ

唇弁の突起がかろうじて見えている。
ヤマトキソウ

花の下に見えているのは葉状の苞。
ヤマトキソウ

ラン科の花柄子房、花柄と子房の違いがハッキリしないそうだがこれは下部の細くなった部分が花柄でしょうか。子房も180°捻れることが多いですがこれは上に咲くせいか捻れていません。
ヤマトキソウ

これはまだ花茎が伸びていない状態のようです。
ヤマトキソウ

これも同様、その下側にまだ小さい葉が見えていますがこれも芽生えのようです。
ヤマトキソウ
(5月23日撮影)

ラン科トキソウ属
2019. 06. 06  
最近は専らここで撮っているクマツヅラ、しょっちゅう草刈りされますがそのたんびにしつこく生えてきます。
クマツヅラ

頭が重くて垂れている・・・わけじゃない。草刈りされたすぐ後なのかこれで20cm程と小さい。
クマツヅラ

上部で枝分かれし下から咲いていく。
クマツヅラ

淡紅紫色の花、この微妙な色合いがいい。花筒内部に毛が生えているので蕊が見えないのが私的にはマイナスポイント(笑)、分解するには花が小さいしな。
クマツヅラ

花冠は5裂ですが横向きに咲くせいかどうか分かりませんが下側が微妙に大きいような気がする。
クマツヅラ

花軸や萼に腺毛が多い、花冠にも毛が生えている。
クマツヅラ

葉は細かく裂ける。
クマツヅラ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(5月23日撮影)
2019. 06. 06  
湿地に咲いていた青紫の花、初めはアヤメかと思ったのですが
カキツバタ

近寄ってみると違う、どうやらカキツバタのようでした、一日花だそうです。ここは何時も見ているけどこんなに多く咲いていることあったかな。
カキツバタ

この仲間は外花被片の斑紋が重要な区別点、カキツバタは披針状で白い。
カキツバタ

斑紋のあるのが外花被片で立ち上がっているのが内花被片、外花被片の上に覆いかぶさっているのが花柱です。
カキツバタ

花柱先端は半円状
カキツバタ

その下側に襞のように見えているのが柱頭だそうです。
カキツバタ

花柱の下に長い葯を持った雄しべ、花粉がタップリ出ている。
カキツバタ

花の下に大きな苞があります。
カキツバタ

根本の様子、この仲間はどれも同じ。
カキツバタ

アヤメ科アヤメ属

(5月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR