2019. 06. 10  
おやもうノギクが咲いていた。
ヤマジノギク

赤い冠毛が決め手ヤマジノギクのようです。
ヤマジノギク

初夏の頃から咲き始めるのが見かけていますが大抵は花の数が少ない、こんなに多く咲かせているのは初めて見ました。
ヤマジノギク

秋の花に比べて頭花が一回り大きいような気もする。
ヤマジノギク

これで高さ20cm程、人の背丈程になる秋とはまるで別物です。
ヤマジノギク

総苞は浅い皿型。
ヤマジノギク

キク科シオン属

(5月29日撮影)
2019. 06. 10  
台地上で割とみられるキジカクシ、一応自立しますが茎が細く高さが1m程にもなるので石灰岩の陰などに生えていることが多い。
キジカクシ

花は小さいですが多くつける上、緑の葉に白い花が目立ちます。
キジカクシ

葉腋に短い花柄を持った円筒状の花をつける。
キジカクシ

雌雄異株でこれは雄花、雄しべ6本、この日は雌株は見つからず、雄株より少ない。
キジカクシ

細かく裂けた葉のように見えますがこれは枝、葉状枝と言うそうです。
キジカクシ

葉状枝基部に鱗片状にあるのが退化した葉だそうです。
キジカクシ

キジカクシ科キジカクシ属

(5月29日撮影)
2019. 06. 10  
台地上の遊歩道脇に咲いていたネジバナ、数は少ない。地元の人の話によると以前はもっと咲いていたそうです、以前と言っても10年20年じゃないと思うけど。
ネジバナ

ネジバナにしてはかなり白っぽくでも白花ではない。
ネジバナ

花の先端部分がピンク色をしている、白花よりこちらの方が可愛いかも。
ネジバナ

花弁や背萼片先端が特に色が濃い。
ネジバナ

花の奥にハート形に見えているのが花粉塊。
ネジバナ

下の方の花は既に萎れている、果実は見たことない。ラン科の果実は次の年まで残っていることもあるがネジランは花期が終わると倒れるのかタイミングが難しそう。
ネジバナ

側にもう一株
ネジバナ

こちらも同様の色合いでした。
ネジバナ

ラン科ネジバナ属

(5月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR