2019. 06. 15  
おやこんなとこにも咲いていたキキョウソウ、秋吉台ではあまり多くは見ていません。周りの米粒のようなのはヒメコバンソウ。
キキョウソウ

下から咲いていく、上はまだ蕾ですが下はもう萎れている。
キキョウソウ

キキョウを小さくしたような花、割と好みです。まだ柱頭が開いていない雄性期の花。
キキョウソウ

蕾の様子、稜の部分に毛が生えている。
キキョウソウ

下の方は既に果実になっている。萼裂片が3枚だから閉鎖花の果実でしょうか。開放花の萼裂片は5枚、でもどちらも4枚のがあったりするからややこしい。
キキョウソウ

別の場所、草むらの中に一株だけ生えていた。
キキョウソウ

頂部に一つだけの花、ひょっとしてヒナキキョウソウかと淡い期待が膨らむ。
キキョウソウ

葉が茎を抱く、ヒナキキョウソウは抱かないそうですぐ風船が萎む(笑)、でもネットで見る限り抱き方は結構微妙、でも葉の形がハッキリ違うようです。茎や葉の裏に毛が多い。
キキョウソウ

これも萼裂片が3枚ですから閉鎖花のでしょうか。キキョウソウは果実の半ばに穴が開くけどヒナキキョウソウは上部だそうです、これは半ば辺りが白っぽくなっているから多分ここに穴が開く、なのでやはりキキョウソウでしょうね。
キキョウソウ

上の方の葉は無柄ですが一番下の葉は短いがハッキリした柄があります、取れやすく見られないことも多いそうです。
キキョウソウ

キキョウ科キキョウソウ属

(6月5日撮影)
2019. 06. 15  
おやこんなとこに咲いていたゲンノショウコ、夏の花ですが5月頃から僅かに咲き始めます、今年は見つけるのがちょっと遅かった。
ゲンノショウコ

西日本には赤花が多い、個人的にはこちらの色の方が好きなのでちょうどよかった。
ゲンノショウコ

柱頭が5裂した雌性期の花、でもまだ雄しべの葯が残っている。
ゲンノショウコ

見つかる時は見つかるもので別の場所でも咲いていた。
ゲンノショウコ

こちらは雌性期の花、でも柱頭も開きかけていて移行期のようです。
ゲンノショウコ

萼片先端は芒状に尖り毛が生えている、萼片にも毛が生えているはずだがこの角度では見えないな。
ゲンノショウコ

花柄の途中にあるのは苞葉なんでしょうか。
ゲンノショウコ

こちらは花柄が2本出ている、下の方は少し太いようだし茎になるんでしょうか。
ゲンノショウコ

花柄や裏の葉脈にも毛が生えている、腺毛が交じるそうだが確認できない。
ゲンノショウコ

茎も毛だらけ、線形に見えているのは托葉のようです。
ゲンノショウコ

フウロソウ科フウロソウ属

(6月5日撮影)
2019. 06. 15  
今年も咲いていたクルマバザクロソウ、この時点ではザクロソウは全く見かけず、こちらの方が早いんでしょうか。
クルマバザクロソウ

茎は地面を這いますが花をつけている茎は立ち上がっている。
クルマバザクロソウ

花を正面から撮ろうとすると陰になるので斜めから撮影
クルマバザクロソウ

白いのは萼片、3脈があり緑色がかっているがこれは色が薄い。雄しべが柱頭を隠しているようだ。
クルマバザクロソウ

花は葉腋に散形状につく、蕾の頃は花柄が短く花が開くにつれて伸びるのでしょうか。
クルマバザクロソウ

葉は4-7枚が輪生、実際は節間が短い対生で偽輪生と言うそうです。
クルマバザクロソウ

こちらは葉の形が匙型で根生葉でしょうか。
クルマバザクロソウ

ザクロソウ科ザクロソウ属

(6月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR