2019. 06. 17  
去年ここで見つけたヒメクマツヅラ、上から見ると一見生えていないように見えたがまだ30cm程度と低かった。戦後沖縄に入ってきたそうで沖縄では多いが本州ではまだそれ程ではなさそう。
ヒメクマツヅラ

丈夫で枝分かれする。アレチハナガサに似ていますがこちらの方が花穂がホッソリしている感じがします。
ヒメクマツヅラ

花はアレチハナガサと比べて一回り小さい、3mmと書かれていることが多いがそれより小さく2mm程度のような気がする、図っていませんが。
ヒメクマツヅラ

花冠は5裂、喉部に毛が生えて内部は見えない、見ようとも思わないサイズ。
ヒメクマツヅラ

花筒部分はアレチハナガサと同じく短い、短いので撮りにくい。
ヒメクマツヅラ

花序枝に上向きの毛が生える。
ヒメクマツヅラ

葉は対生し茎は抱かない、茎は四角く無毛。
ヒメクマツヅラ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(6月5日撮影)
2019. 06. 17  
水路沿いに咲いていたイヌホオズキの仲間
アメリカイヌホオズキ

花序の花が3つの時点でアメリカイヌホオズキ確定
アメリカイヌホオズキ

この株は3つのばかりでした。
アメリカイヌホオズキ

ほぼ1点から出ている散形花序、これも分かりやすい。
アメリカイヌホオズキ

淡青色の花、イヌホオズキは白花だけだそうです。ハッキリイヌホオズキと分かるのを見てみたい。
アメリカイヌホオズキ

花柄や子房に伏毛が生えている、黄色い葯から僅かに柱頭が覗いている。
アメリカイヌホオズキ

卵形の葉、波状の鋸歯がある。
アメリカイヌホオズキ

ナス科ナス属

(6月5日撮影)
2019. 06. 17  
田んぼや畑周辺で普通に見られるオオイヌホオズキ、真冬でも咲いていて季節感に乏しい。
オオイヌホオズキ

花を多く付けている時点でもうアメリカじゃなくオオイヌホオズキ、アメリカは4以下、でも例外あり、例外があるというのがややこしい(^^;)、同じ株同じ花序でも紫色から白色まで色んな色合いのがある。
オオイヌホオズキ

花柄の出処がやや散らばった総状花序、アメリカはほぼ1点から出る散形花序。
オオイヌホオズキ

花序枝は葉腋から出る事が多いですがこれは茎から直接出ている。
オオイヌホオズキ

淡紫色の色合いは悪くないんですけどね。
オオイヌホオズキ

黄色いバナナ型の葯に囲まれて緑色の雌しべ、丸く扁平な柱頭。
オオイヌホオズキ

葉は卵形で全縁、これは波状の鋸歯がある。
オオイヌホオズキ

葉の裏に細毛が密生、こういうのは角度を付けないと撮りづらい。
オオイヌホオズキ

ナス科ナス属

(6月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR