2019. 06. 19  
薄暗い林内に生えているトチバニンジン、今まで見ていた場所が去年はとうとう出てこなかったので新たな場所を教えてもらいました。
トチバニンジン

もう花は殆ど終わっていた、これは花柱が2本残っていてギリギリ雌性期の花と言っていいかな。
トチバニンジン

こちらは雄性期じゃなく多分雄花、もうほんとに薄暗くてブレブレ
トチバニンジン

5小葉の掌状複葉がトチノキの葉に似ているからトチバニンジン、塊根があるそうでそれがニンジンに似ているのでしょうか。
トチバニンジン

こちらは昨年まで見ていた場所、今年は一株生えていた。
トチバニンジン

頂生の花序は両性花だが枝の花序は雄花だけ、果実がなっているのでその違いが分かります。
トチバニンジン

雄花序、花がまだ残っている。
トチバニンジン

こちらも薄暗くてブレブレ、雄花ですが花柱があるような。
トチバニンジン

既に子房が膨らんできているが3本の花柱が残っている。
トチバニンジン

ウコギ科トチバニンジン属

(6月11日撮影)
2019. 06. 19  
植え込みの陰に群生していたオノマンネングサ
オノマンネングサ

何時も見ている別の場所は花の数が少なくオノマンネングサはそんなものかなと思っていましたがそうでもなさそう、環境の違いかな。
オノマンネングサ

漢字で書くと雄の万年草、何となく固そうなイメージがありましたが触ってみると普通に柔らかい。
オノマンネングサ

これも中央の花から咲いていきます。
オノマンネングサ

花弁萼片は5枚、萼片は長さがやや不揃い、雄しべは10本
オノマンネングサ

心皮は5、コントラストが弱いので分かりにくい。種子はつけないそうです。
オノマンネングサ

3輪生の葉が特徴。
オノマンネングサ

でも対生する葉もあるような。
オノマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(6月11日撮影)
2019. 06. 19  
沢山の花を咲かせていたタカネマンネングサ、何時も開花時ばかり撮っているからこんな状態のは久しぶりでした。
タカネマンネングサ

適度に日が当たっていい雰囲気
タカネマンネングサ

茎の先端の花がまず咲き、そこから伸びた枝先の花が次に先、以下同じように外側のが咲いていきます。最初に咲いた中央の花は既に果実期になっている。
タカネマンネングサ

横から見ると多数の雄しべが突き出ている、一つの花の雄しべは10本
タカネマンネングサ

何か昆虫がいると思ったらセンダンの花だった、上を見上げても見当たらず。
タカネマンネングサ

花を咲かせない無花枝、これだけで花のように見えます。
タカネマンネングサ

葉が萎れている、ここはそんなに乾燥する場所ではないので雨が少ない影響でしょうか、未だ梅雨入りしていない、今年の夏は大丈夫かな。
タカネマンネングサ

略垂直の崖面に生えていた。
タカネマンネングサ

先端で頭を持ち上げ多くの花を咲かせている、丈夫なもんだ。
タカネマンネングサ

こういうのは綺麗に撮ってあげよう。
タカネマンネングサ

青空バックじゃないけどなかなかこういうアングルでは撮れません。
タカネマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(6月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR