2019. 06. 20  
舗装の隙間に咲いていたムラサキツユクサ、植えられているのが逸出して野生化していますがまだ民家近くばかり、あまり自然豊かな野山では見かけないかな。
ムラサキツユクサ

花弁、花糸、毛と全て青紫色なので葯の黄色が目立ちます、構造は仲間のミドリハカタカラクサと同じ。
ムラサキツユクサ

中央に見えているのが花柱、花糸とほぼ同じ色、同じ長さで目立たない、花糸より先端部が若干太いかな。
ムラサキツユクサ

花糸基部から生える毛、これは顕微鏡で見てみたい。
ムラサキツユクサ

花序の下から出ているのが苞、蕾は無毛か先端に毛が生える程度、オオムラサキツユクサは全体に毛が生えるそうです。
ムラサキツユクサ

葉の基部は鞘状になる。
ムラサキツユクサ

園芸種が多数あるそうでこれは赤い花。
ムラサキツユクサ

これではもうムラサキツユクサじゃなくアカ・ツユクサ(笑)
ムラサキツユクサ

毛や花糸・花柱まで赤くなっている、花柱先端に半球状の小さな柱頭。
ムラサキツユクサ

雄しべと毛を取り除いて花柱を露出させてみました、基部は白っぽくなっている、その下のは子房でしょうか。
ムラサキツユクサ

ツユクサ科ムラサキツユクサ属

(6月11日撮影)
2019. 06. 20  
ヤブの中に咲いていたミドリハカタカラクサ(以前はオオトキワツユクサとしてアップ)、家の近所では普通に見られるけど秋吉台では少ない。
ミドリハカタカラクサ

細い葉は別の植物で楕円形の葉がそれ、茎は緑色だが一部紫色になっている。ノハカタカラクサは茎や花柄、葉の下面が紫色。
ミドリハカタカラクサ

花弁は3枚、花糸も花柱も白色の中で黄色の葯が目立ちます、6本ある。
ミドリハカタカラクサ

多くの毛が生えている、ノハカタカラクサはこれが少ない。花柱が少し突き出ているが結実しないそうです。
ミドリハカタカラクサ

一つ一つの細胞が見えるようです。
ミドリハカタカラクサ

萼片や花柄に長毛が生えている、花柄は緑色。
ミドリハカタカラクサ

葉は卵状楕円形、柄はなく基部は葉鞘となる、裏面も緑色。
ミドリハカタカラクサ

ツユクサ科ムラサキツユクサ属

(6月11日撮影)
2019. 06. 20  
おやこんなとこに生えていた(こればっかしだ)クララ、周りに生えているのはイグサで湿地であることがわかります。クララは台地の上や林道で見ていましたがこんな湿地にまで生えるとはね。
クララ

念の為下に降りてみましたがやはりクララでした。
クララ

総状花序を付ける、白い花だが真っ白ではなく地味な花、名前でかなり得をしている花です。
クララ

マメ科なので蝶形花ですが旗弁が立ってないので目立ちません。
クララ

翼弁と旗弁も離れているような。
クララ

翼弁を取ってみました、筒状にまとまった花糸、先端ほど細くなっています。
クララ

蕊を拡大、柱頭は小さな扁平状なので葯の間に見えているのがそれでしょうか、花柱もやや緑色しているような。
クララ

奇数羽状複葉、水滴は朝露じゃなく早朝に降った雨、葉に毛が生えているそうでそのせいか水を弾いて丸い水滴になっている。
クララ

葉柄基部に線形の托葉、茎は稜があるというか溝があるというか、短毛が生えているようです。
クララ

マメ科クララ属

(6月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR