2019. 06. 23  
モチノキ属の中では一番見かけるかなと思うクロガネモチ、モチノキそのものはまだ見ていないような。
クロガネモチ

本年枝の葉腋に散形花序を出す。
クロガネモチ

雌雄異株でこれは雌花。
クロガネモチ

雌花ですが退化した雄しべも残っている、人の為にあるわけではないがやはりこれがあった方が可愛い。
クロガネモチ

こちらは蜜が出てきている。
クロガネモチ

花冠が丸ごと落ちてまるでアクセサリー、雄しべも花弁にくっついている。
クロガネモチ

花冠が落ちた花、花柱はなく子房の上に柱頭が直接乗っている、既に子房が赤くなり始めている。
クロガネモチ

モチノキ科モチノキ属

(6月11日撮影)
2019. 06. 23  
林内で咲いていたハンカイソウ、でもここは道路脇、車を走らせながらでも確認できます。
ハンカイソウ

あちこちで見ていますが大抵は多少日が当たる林内で咲いています。
ハンカイソウ

黄色く10cm前後の大きな花なので目立ちます。
ハンカイソウ

狙いは蕊(笑)、これは筒状花の中央近くまで咲いている。
ハンカイソウ

葯筒から花粉が押し出されている、この時葯筒の色はまだオレンジ色。
ハンカイソウ

クルリンした柱頭が出てきた、柱頭は2裂なのでこれは2つ重なっているかな、葯筒は褐色になっている。
ハンカイソウ

こちらは葯筒が出始めたばかり、まだクルリンした柱頭はでていない。
ハンカイソウ

舌状花から出た雌しべ、雌性なので葯筒はなく花粉はついていない。
ハンカイソウ

可愛いクルリン状態、柱頭に毛が生えているのかな。
ハンカイソウ

総苞片は1列、微毛が生えている。
ハンカイソウ

葉は掌状に3-5全裂。
ハンカイソウ

キク科メタカラコウ属

(6月11日撮影)
2019. 06. 23  
湿地で咲き始めたミゾソバ
ミゾソバ

花は可愛いんですが秋吉台のはこういう単調な色合いのが多い。
ミゾソバ

なので撮影にイマイチ力が入らない(笑)、花柄の腺毛も撮影時には気が付かず。
ミゾソバ

花粉の粒々まで見えています、花粉は黄色いことが多いけどこれは花粉までピンク色。
ミゾソバ

花柄の腺毛、偶々写っていた程度。
ミゾソバ

独特は鉾型の葉、これは黒斑があまり目立ちませんが目立つのが多い。
ミゾソバ

タデ科イヌタデ属

(6月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR