2019. 07. 02  
おやもうコカモメヅルが咲いていた、去年よりは2週間も早く全くの予定外。
コカモメヅル

ここは2,3年前にも咲いていたがその後姿を見せずがっかりしていましたが復活してくれました、休んでいたのかな。
コカモメヅル

これは数が少ないし花もお気に入りなので毎年見てみたいです。
コカモメヅル

長い花柄を伸ばして花を咲かせる。
コカモメヅル

チョコレート色の花、大きさは4,5mmと小さい。
コカモメヅル

中央に緑色に見えているのが蕊柱、その周りに濃いチョコレート色に見えているのが副花冠。花冠内側に微毛が生えている、オオカモメヅルは裂片端に長い毛が生える。
コカモメヅル

葉は対生し三角状卵形~卵状披針形。
コカモメヅル

キョウチクトウ科オオカモメヅル属

(6月23日撮影)
2019. 07. 02  
たくさん咲いていたので久しぶりに撮ってみたドクダミ
ドクダミ

白い4弁花、じゃなくて白いのは総苞片
ドクダミ

普通4枚ですが6枚のがありました、大きさが不揃い。
ドクダミ

総苞片縁だか裏に毛が生えていた、写真を見ていて気がついた。
ドクダミ

穂状花序、下から咲き上がっていきます。
ドクダミ

上まで咲き上がっています、上の方の葯は黄色だが下の方は褐色で花粉を出しているようです、雌性先熟なのかな。
ドクダミ

花に花弁はない、黄色い葯が花弁代わりか。
ドクダミ

3本の花柱には細かな毛が生えている。
ドクダミ

一つの花は3本の花柱と3本の雄しべからなる、花柱の下に緑色の子房があり3室からなる。
ドクダミ

花の基部に突起のようなのが見えていますが小苞だそうです。
ドクダミ

葉は広卵形だったり心形だったり、割と変異があるようです。
ドクダミ

ドクダミ科ドクダミ属

(6月23日撮影)
2019. 07. 02  
人が殆ど通らない山道に生えていたアメリカネナシカズラ、何時もはこの近くで群生していたんですが今年はそこでは全く見られなかった。
アメリカネナシカズラ

ここの相手はヨモギのようですが特に相手は選ばないようです。
アメリカネナシカズラ

一週間前はまだ蕾もなかったが花を咲かせていた、でも数は多くはなかった。
アメリカネナシカズラ

花冠は5裂、5本の雄しべ、オレンジ色の柱頭を持った2本の雌しべ、雄しべも雌しべも同じような形。
アメリカネナシカズラ

右側のは既に子房が膨らんできている、もうすぐ果実になります。
アメリカネナシカズラ

ヨモギの茎に巻き付いている、この辺りはまだ規則正しいが
アメリカネナシカズラ

葉にも巻き付いている、もうゴチャゴチャ、蔓植物で自他を区別して自分自身に巻き付かないのがあるそうですがこれはどうだろ。
アメリカネナシカズラ

吸盤状の突起、ここから栄養を吸収するんでしょうか、でも相手を枯らすほどではなさそうです。
アメリカネナシカズラ

鱗片状の葉が残っている、托葉のようにも見えます。
アメリカネナシカズラ

ヒルガオ科ネナシカズラ属

(6月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR