2019. 07. 04  
空き地に咲いていたこれ、てっきり野良カボチャだと思ったのですが
カボチャ

雌雄異花でこれは雄花
カボチャ

円筒形の雄しべ、如何にも花粉が出ていそう。蟻が来ているので蜜が出ているのかな。
カボチャ

花冠内部に粗いオレンジ色の毛が生えている、蟻にとってはそれ程邪魔にはなりそうにない。
カボチャ

子房の膨らみがないので雄花確定
カボチャ

こちらは雌花、蕊の形が違います。
カボチャ

柱頭は6つかな、毛が密生している。
カボチャ

子房の膨らみがあるので雌花確定、はいいのですが
カボチャ

カボチャにしては細長い、マクワウリかなと思ったのですがカボチャも色んな種類があり細長いのもありそう、で調べてみるとソウメンウリかなと思いました。ウリと名がついているがかぼちゃの仲間、色も白くウリによく似ています。別名素麺南瓜、糸南瓜、正式名はキンシウリ(金糸瓜)と言うようです。どちらにしろ果実を確認してみたい。マクワウリと思ったのもこの近くなのでひょっとしたらソウメンウリかもしれない。
(追記)更にソウメンカボチャと云うのも知りました、これかも。後日来てみたら白く大きなウリのようなのが出来ていました。ソウメンカボチャもウリのような形をしている。もう所有者に聞かないとわからないな。
カボチャ

葉の形も品種に依ってだいぶ違うようです、1枚目の写真を見ても円形のから裂け目があるのまで色々。
カボチャ

葉の裏に脈状に毛が生えている。
カボチャ

茎にも毛、長毛と短毛が混じっている、棘に変化した毛もあるようです。
カボチャ

ウリ科カボチャ属

(6月28日撮影)
2019. 07. 04  
おやこんなとこに生えていたムラサキニガナ、前年に見られた場所で次の年には見られないことがよくあるので探すのは行き当たりばったり、数は多いので見逃すことはないですけどね。
ムラサキニガナ

長い花柄を伸ばして下向きに咲く、総苞が円筒形で細長い。
ムラサキニガナ

赤紫色の花に2裂した柱頭が出ている。
ムラサキニガナ

程よりクルリン度(笑)
ムラサキニガナ

花柄には繊毛が生える、ドアップ忘れて偶々写っていたのをアップ(^^;)
ムラサキニガナ

光に透かして色を強調してみました。
ムラサキニガナ

ゴーストも入れてみました、と言うより頭上に太陽があって外す方が難しかった。
ムラサキニガナ

下部の葉は羽裂する。
ムラサキニガナ

キク科ムラサキニガナ属

(6月23日撮影)
2019. 07. 04  
休耕田の一角に咲いていた黄色い花
ミニトマト

高さは20cm程、花が咲いている高さが揃っている。
ミニトマト

ミニトマトでしょうか。時折逃げ出して野生化しているのを見かけますが田んぼの中は初めてかな。
ミニトマト

まだ平開状態の花弁、咲いたばかりでしょうか。
ミニトマト

花弁はすぐ強く反り返ってきます。
ミニトマト

雄しべは合わさって徳利のようになっています、雌しべは覗いていない。雄しべは多分5本、大きな葯で2室からなるようです。花の情報はまだ出てくるけど細かな特徴は調べても殆ど分からないので推測(^^;)
ミニトマト

萼片に長毛が疎らに生える、粒々もあるようだ、花弁裏にも毛がはえているようです。
ミニトマト

花柄にも開出毛と粒々
ミニトマト

茎にも開出毛と粒々、粒状毛と言うのでしょうか、よく見ると先端が膨らんで丸くなっているような。
ミニトマト

羽状複葉でしょうか、大きな小葉の間に小さな小葉があるような。
ミニトマト

光に透かしてみました、意外と綺麗。さてここで果実はなるかな。
ミニトマト

ナス科トマト属

(6月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR