2019. 07. 06  
この日は少なかったカセンソウ、まだこれからでしょうか。まとまって咲いていたのはここくらいでした。
カセンソウ

頭花は3-4cm程の大きさ、舌状花と筒状花の割合がほぼ同じくらい。
カセンソウ

筒状花は中央辺りまで咲き上がっている。
カセンソウ

2裂した柱頭、あまりクルリンしないので毛が生えているようにしか見えない(笑)
カセンソウ

こちらは筒状花周辺部が咲き始めたばかりの花。
カセンソウ

こういう方が筒状花が撮りやすい、画面左側に5角形をした筒状花が見えている。
カセンソウ

雌性の舌状花の雌しべ。
カセンソウ

総苞は半球形、と言うより少し細長いか、総苞片は4,5裂、内総苞片は紫褐色を帯びる、一番下側のは葉状の苞だそうです。
カセンソウ

葉は長楕円状披針形、基部は半ば茎を抱く、疎らな鋸歯がある。
カセンソウ

昆虫が来ていました、ミナミヒメヒラタアブでしょうか、この子は警戒心が強くすぐ逃げていきます。
カセンソウ

キク科オグルマ属

(6月28日撮影)
2019. 07. 06  
久しぶりに撮ってみたコマツナギ、過去の記録を見ると6年ぶり、これも普通に見ることが出来て花期も長いのであまり撮る気になれません。
コマツナギ

茎(小低木だから幹か)は斜めに伸びても花序枝は真っ直ぐに伸びて総状花序をつける。
コマツナギ

下の方から咲いていくが一つの花の寿命は短そうで上まで一斉に咲くことはなさそう。
コマツナギ

旗弁翼弁竜骨弁の蝶形花、翼弁は水平に広がっているように見える、花弁に毛が多い。
コマツナギ

旗弁には白い筋状の斑紋が入る。
コマツナギ

翼弁竜骨弁が落ちて蕊が露出
コマツナギ

翼弁竜骨弁の方が早く落ちるんでしょうか、このようなのが多かった、萼裂片の形がよく分かる。
コマツナギ

最終的には旗弁も落ちて蕊が残る、筒状になった雄しべ先端から雌しべが上向きに覗いている。萼筒に伏毛が密生。
コマツナギ

花序枝にも伏毛が密生。
コマツナギ

奇数羽状複葉
コマツナギ

小葉の裏に長毛が生えている。
コマツナギ

葉柄付け根に痕跡状の托葉、茎にも伏毛が密生。
コマツナギ

マメ科コマツナギ属

(6月28日撮影)
2019. 07. 06  
ウツボグサは花期も長く普通に見られるので何か目を引かないと撮る気になれません。
ウツボグサ

これも何がが目を引きました、単に色が薄いとうだけでなく
ウツボグサ

下唇が白い!
ウツボグサ

花冠下部も白くてむしろ上唇上部だけ色が残っている。
ウツボグサ

2裂した柱頭が見られたのもおまけでよかった。
ウツボグサ

上唇に沿って4本の花糸が見えている、花柱も見えているはず。
ウツボグサ

上唇に僅かに毛が生えている、このように疎らに生えている方が却って禿頭感が増す(笑)
ウツボグサ

シソ科ウツボグサ属

(6月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR