2019. 07. 07  
初めてのツボクサ、前から探していたんですが細々と生える草かと思っていました、こんなに大群生するとはね。ここはちょくちょく来る場所なので多分去年は生えてなかった、今年も何度か来ているけど多分葉は出ていたんだろうけど気が付かなかったな。
ツボクサ

根本から何本もの葉を出しています、葉柄が直接出るわけ無いだろうから基部に茎があるんでしょうか。
ツボクサ

走出枝を伸ばして増えていきます、節ごとに根と葉を出す。
ツボクサ

節から花序が出ています。
ツボクサ

2枚目のように株立していても根本から花を出しています。
ツボクサ

短い花柄、花序は2枚の苞に包まれる、普通3個の花をつける。
ツボクサ

撮り初めの頃はこれが花なのか蕾なのか悩んだので取り敢えず数多く撮ってきました。こうやって写真で見ると赤い5枚の花弁に5本の雄しべ、上の花には2本の花柱が出ているのが分かります。
ツボクサ

開いた花弁、右の花は花弁が落ち緑色の子房に2本の花柱が残っている、萼片は伏毛に覆われている。
ツボクサ

葯は2室でしょうか、花粉が2方向に出ているのが分かります。
ツボクサ

花を横から、雄しべと雌しべの長さはほぼ同じ。
ツボクサ

左の花は雄しべ雌しべが見えていますが右の花は雄しべが落ちかかっています。
ツボクサ

扁平な緑色の子房、奥のはまだ花柱が残り先端が曲がっている、こうやって見ると確かにセリ科ですね。
ツボクサ

腎形の葉で低い鋸歯がある。カキドオシの葉に似ているので探していましたがカキドオシばかりだった。
ツボクサ

茎は無毛だが左のは葉柄でしょうか、軟毛が生えている。
ツボクサ

セリ科ツボクサ属

(6月28日撮影)
2019. 07. 07  
林縁に生えていたコイケマ、左上にオニドコロの葉が見えていてこれはまだ小さいですが大きくなるとコイケマの葉と似ています、右側にはアケビの葉、もう蔓植物がいっぱい。
コイケマ

球状花序、まだ蕾が多いですが右側のは開いています、元々あまり開かないのでこれが精一杯。
コイケマ

開かないので強制開花(笑)、白く見えているのは副花冠、蜜が出ています。先端の白い帽子のようなのは今までは蕊柱としていましたが仲間のスズサイコで学んたことを考えると柱冠でしょうか。黒い点は花粉塊の小球(補足体)、花粉塊そのものではなくこれを引っ張ると1対の花粉塊が出てくるそうです。その下の隙間があるように見えているのが蕊柱なのかな。
コイケマ

すぐ近くに割と開いているのがありました、強制開花しなくてよかったか。
コイケマ

柱冠に白い三角状のがありますが葯の覆いだそうです。
コイケマ

他の花で覆いが一つだけ残っている、時間が経つととれるんでしょうか。
コイケマ

花は地味だけど蜜が出ているせいか蟻がよく来ています、花粉塊ということもありまずポリネーターにはならないだろうな。
コイケマ

葉は対生し卵形、先端は尖り基部は心形。
コイケマ

葉の裏、特に際立った特徴なし。
コイケマ

キョウチクトウ科イケマ属

(6月28日撮影)
2019. 07. 07  
おやこんなとこにも咲いていたノアザミの白花、ノアザミを撮ることはまずないですが白花は別。
ノアザミ(白花)

偶に見かけますが突然変異と言うには見るのが多いと思われやはり種として固定されているんでしょうか。
ノアザミ(白花)

筒状花先端が5裂しているのが分かる。
ノアザミ(白花)

ノアザミのウエスト(使い方は間違っているが言いたいことは分かると思う(^^;))はもっと括れていますがこれは寸胴型、総苞片は粘液を出すそうで左の蟻はそれに捕まっているんでしょうか。
ノアザミ(白花)

紅白ツーショット、何だか目出度い(笑)、やはり総苞の形が大分違いますが個体変異内でしょうね。
ノアザミ(白花)

キク科アザミ属

(6月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR