2019. 07. 24  
休耕田に咲いていたアメリカタカサブロウ、周りに見えているのはトキンソウ、これも田んぼでよく見かけます。
アメリカタカサブロウ

3つ咲いている花が独立した株かと思いましたが根本で繋がっていて一株のようです。
アメリカタカサブロウ

タカサブロウに比べて総苞片の幅が狭い、昨年しっかり覚えていたはずだがすっかり忘れていた(^^;)、でもこんな場所で咲いているのはまずアメリカタカサブロウですが。
アメリカタカサブロウ

筒状花と舌状花からなりますが超地味、頭花はタカサブロウより小さい、殆ど感覚の程度ですが、特に群生しているようなのは小さい。
アメリカタカサブロウ

筒状花の周辺から開いてきます、中央部がまだ開いていない様子はまるで蜂の巣。
アメリカタカサブロウ

披針形の葉、タカサブロウより鋸歯が目立つそうですがこれも感覚の問題でしょうか。
アメリカタカサブロウ

キク科タカサブロウ属

(7月12日撮影)
2019. 07. 24  
ヒメジョオンに囲まれて一輪だけ咲いていたマルバルコウ、ここはお気に入りの空き地だけど今年は壊滅状態、周辺部で藪が多少残っていてそこでは繁殖力の強い植物が頑張っています。
マルバルコウ

花筒が長く花冠がほぼ水平に開く、蕊は少し突き出る。
マルバルコウ

5角形の花、朱赤色で中央部が黄色、花冠中軸がやや盛り上がりまるで膜を広げたヒトデ。左側に見えている丸い蕊が柱頭でしょうか、自分自身の花粉がついているような。花冠にも花粉が付いている。
マルバルコウ

花粉の粒々まで見えています、コンデジで写るくらいだから随分大きな花粉なんだろうな。
マルバルコウ

萼は先端が5裂して細く尖る。
マルバルコウ

卵形の葉、これは円形に近い。先端が尖り基部は心形。
マルバルコウ

ヒルガオ科サツマイモ属

(7月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR