2019. 07. 26  
上からぶら下がっている円錐花序の花
ツヅラフジ

花序の大きさや葉柄の長さからアオツヅラフジじゃなくツヅラフジでしょうね。
ツヅラフジ

雌雄異株でこれは雄花、雄しべの基部に黄色く見えているのは蜜線。
ツヅラフジ

蜜線から蜜が出ているようです。雄しべは9本、外側に広がる6本と中央に伸びる3本に分かれているかな。
ツヅラフジ

甲虫がお食事中、蜜が目当てでしょうか。甲虫だと花粉を運ぶ効率は悪そう。
ツヅラフジ

広卵形の葉、ただ葉が裂けるのもあるそうです。
ツヅラフジ

こちらは別の場所、多く咲いていた。もうあちこちで見かけるので場所を覚えることもなくなった。
ツヅラフジ

でもぶら下がっているのばかり、ステッキで引っ掛けてやっと撮れる程度なので撮りにくい。右に見えているのはナツフジの葉でしょうか。これも割と見かけるけど花を咲かせていないのが多い。
ツヅラフジ

ここのは全て雄花ばかりでした、残念。
ツヅラフジ

これも雄しべは外に広がる6本と中央の3本に分かれているような、一般的な特徴かな。
ツヅラフジ

ツヅラフジ科ツヅラフジ属

(7月12日撮影)
2019. 07. 26  
藪の中に咲いていたノアズキ、この手前は草刈りされて駄目になっていた花もありましたがこちらは無事でした。
ノアズキ

マメ科の蝶形花からは随分外れた花、それでも緑白色の捻れた竜骨弁、その左右に翼弁、背後に旗弁と基本は押さえています。
ノアズキ

竜骨弁の中に褐色に見えている部分が雄しべの葯が透けて見えているんでしょうか。餌の形にあわせて動物の口の形が変化することがありますがこれは訪問する昆虫にあわせて形が変わっていったんでしょうか。
ノアズキ

萼筒に腺毛が生えている、橙色に見えているのは腺点のようで茎や葉にもあるそうです。
ノアズキ

花はヤブツルアズキとそっくりですが葉の形は随分違います。水滴は霧雨が降っていたため。
ノアズキ

葉柄の付け根に小さな托葉、茎にも短毛が生えている。
ノアズキ

マメ科ノアズキ属

(7月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR