2019. 07. 31  
田んぼの代表的な雑草のオモダカ、周りにコナギイボクサの葉が見えていますが花はまだ、長い葉は稲。
オモダカ

雌雄異花で上部に雄花、株に雌花を咲かせる。
オモダカ

これは雄花、真っ白な3弁花に黄色い雄しべ。
オモダカ

薄緑色の花糸に黄褐色の葯、ほぼ同じくらいの長さか。
オモダカ

下部の雌花は既に終わり、花弁は萎れている、雌花の方が先に咲くし寿命も短いので雄花は割と見かけるけど雌花を見る機会は少ない。
オモダカ

幸い、近くに雌花が咲いていた。
オモダカ

大体3つセットで咲いています、雌しべは球状になっている。
オモダカ

真っ白な花弁に緑色の雌しべが映えます。
オモダカ

雌しべドアップ、短い花柱、柱頭は特に膨らんではないようだが毛が生えているような。
オモダカ

既に膨らみ始めた子房、果実は扁平なようだ。熟するとすぐ落ちるそうでまだ見たことがない。
オモダカ

特徴的な葉とはよく言いますがこれ程特徴的な葉はないかなと思う。どんな利点があるんでしょうね。
オモダカ

オモダカ科オモダカ属

(7月23日撮影)
2019. 07. 31  
湿地に生えているコケオトギリ、周りにまだ花をつけていない株が多く見えています。田んぼでも見かけますが畦に草が茂っている頃は目立ちません。
コケオトギリ

早朝の大雨で水が溜まっている、普段はここまで水はこないんですけどね。流石に水中から生えることはないけど後から増水してくるのはどうしようもない。
コケオトギリ

茎の先端に花をつける、大きさは5-8mmと小さい。
コケオトギリ

雄しべは5-10本、これは8本見えている。朝の雨粒が残っている。
コケオトギリ

子房の上に短い花柱が伸びている、3本あります。
コケオトギリ

こちらは雄しべが10本、ヒメオトギリは10-20本。ヒメオトギリはコケオトギリと比較する必要があるかな。
コケオトギリ

花序直下の葉は苞葉、葉と同型、ヒメオトギリは苞葉が線形。
コケオトギリ

少しの雨粒なら雰囲気がいいけどさすがにこれは溜まりすぎ。
コケオトギリ

広卵形の葉は無柄なので茎を抱いているように見える。
コケオトギリ

葉の縁に黒点はない、明点が見えているが真下から撮らなかったので明瞭ではない。
コケオトギリ

オトギリソウ科オトギリソウ属

(7月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR