2019. 10. 11  
湿っぽい場所に生えているアケボノソウ、この辺りに割と多く生えていますがこれは道路際で草むらに突入せずにすんだ。
アケボノソウ

まだ蕾が多い、半開きの花もありゆっくり開いていくようです。
アケボノソウ

特徴的な5弁花、これくらい特徴のある花弁もそうそうないかも。
アケボノソウ

花弁の斑紋を明け方の星空に例えて曙草、星が黒で夜空が白とネガ状態ですけどね。花弁の上半分しか斑紋がないのも意味があるんでしょうね、蜜標的な役割か。中程に2個の緑色の蜜線、僅かに蜜が出ています、できればプックラ盛り上がっているのを撮りたかった。
アケボノソウ

5本の雄しべ、葯は2室で裂けて花粉が出始めている、柱頭は開いていなくて雄性先熟。
アケボノソウ

花弁は平開、雄しべと雌しべの長さがほぼ同じ、これも訪問する昆虫にあわせているんだろうな。
アケボノソウ

葉は対生し広卵形~卵状披針形、鋸歯はない。
アケボノソウ
(9月26日撮影)

開いた柱頭や蜜を撮りたくて一週間後もう一度来てみました、同じ株です、大分花が咲いてきています、でもまだ蕾も多く株全体でゆっくり咲いていって花期は長そうです。
アケボノソウ

ちょっと分かりにくいですが柱頭は開いている、できればもう少し開いてほしかった。
アケボノソウ

蜜もあまり出ていない。
アケボノソウ

その代わり6弁花がありました。
アケボノソウ

7弁のもありました、でもブロ友さんとこで11,12枚のを見たことがあるからこの程度ではな。
アケボノソウ

4弁のもありました。センブリ属は花弁の数が変化しやすい。
アケボノソウ

こちらは同じ日、別の場所、これで高さ1.5m程、てっぺんの一輪だけ咲いていた。
アケボノソウ

これは背が低い割に花の数が多い、どうやら茎の先端が切られ葉腋から伸びた枝先に花をつけているようです。
アケボノソウ
(10月4日撮影)

リンドウ科センブリ属
2019. 10. 11  
薄暗く湿っぽい場所に咲いているアキチョウジ、ここで9月6日に開花確認しましたがまだ数が少なかったのでもう一度来てみました。
アキチョウジ

綺麗に咲いているけど葉が虫食いでボロボロ、ここはたいていそうです。ここは開花が早いけど涼しいせいなんでしょうか。
アキチョウジ

萼筒から長い花筒が突き出る、上に伸び始めている花がありますが随分伸びるものです。
アキチョウジ

花筒先端が青くなりシソ科らしく上唇と下唇に分かれる、下唇はボート状、上唇は反り3裂する。
アキチョウジ

下唇の中に雄しべ、シソ科だから4本かな、花筒に毛が生えている。
アキチョウジ

これは上唇が4裂、雄しべの上に小さな黒点が見えていますが多分それが柱頭。
アキチョウジ

花冠が落ちた萼筒、内部に未熟な4分果が見えています。
アキチョウジ

葉は対生し披針状卵形~卵形、基部は翼となって葉柄に流れる。
アキチョウジ

シソ科の葉の裏には腺点があることが多いので撮ってみましたが確認できず、金色の腺点が疎らにある程度だそうです。
アキチョウジ

シソ科ヤマハッカ属

(9月26日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR