2019. 10. 13  
去年と同じ場所のアレチヌスビトハギ、これも同じ場所で安定して出ないような気がする、今まで3ヶ所で見ているがその後出てこない、ここは2年目、来年はどうなるか。
アレチヌスビトハギ

朝8時頃の撮影、まだ開いた花はありません。
アレチヌスビトハギ

旗弁が閉じて青くなっています、これは前日の花が閉じたものでしょうね。
アレチヌスビトハギ

赤い色の旗弁もありましたが翼弁や竜骨弁の様子を見るとこれから開くのではなさそう、閉じ忘れたか。
アレチヌスビトハギ

狭卵形の3小葉、ノササゲの葉に似ていますがあちらはツル性だから間違えることはないでしょう。
アレチヌスビトハギ

葉柄基部に線形の托葉、茎や葉柄に毛が密生している。
アレチヌスビトハギ

既に緑色の果実が出来ていました、節は2-6個、5個前後が多くこれでも他の仲間と区別できます。
アレチヌスビトハギ

表面に毛が密生、くっつき虫になります、鈎型に曲がっているのがなんとか分かるかな。
アレチヌスビトハギ

3時頃またやってきました、1枚目と同じ株です、まだくっついているよ(笑)
アレチヌスビトハギ

前日の萎んだ花に混じって赤紫の花が咲いている、やはりこれでなくちゃ。
アレチヌスビトハギ

何時ころから咲いてくるんでしょうね。
アレチヌスビトハギ

旗弁基部に特徴的な斑紋、どうしても狸の目に見えます。
アレチヌスビトハギ

旗弁は反り返る、翼弁と竜骨弁は同長、竜骨弁先端が僅かに覗いている。
アレチヌスビトハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(9月26日撮影)
2019. 10. 13  
いつもの場所のツルフジバカマ、草刈りされて花が咲くのが遅れることもありますが今年は草刈りされてないのに花はここに見えているのだけだった、既に花序ごと枯れているのもあります。
ツルフジバカマ

穂状花序は下から咲いていくことが多いですがこれは一斉に咲くのかな、下から上まで均等に咲いています。
ツルフジバカマ

花は片側に偏ってつく。
ツルフジバカマ

花序軸先端が萎んでいるようでこれ以上咲かないようあえて打ち止めにしているのかな。
ツルフジバカマ

翼弁が竜骨弁を抱いているよう、旗弁は四角いのと丸っぽいのがありますがこちらは四角系、丸い方が優しげに見える気がする。
ツルフジバカマ

花が密につくので一つだけ切り取りにくい、これは一番上に咲いていた花、旗弁の舷部と筒状部が同長。
ツルフジバカマ

翼弁と竜骨弁を取り除いてみました、花糸が合着して筒状になっているのがわかる。
ツルフジバカマ

花糸先端は分離して上向きになっている、10本くらいあるかな、柱頭は毛が生えているんでしょうか、花粉ではなさそう。
ツルフジバカマ

羽状複葉、小葉は10-16。
ツルフジバカマ

先端が巻きひげになる、短毛が生えている。
ツルフジバカマ

葉柄基部に大きめの托葉、茎や葉柄に毛が生えている。
ツルフジバカマ

マメ科ソラマメ属

(9月26日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR