2019. 10. 24  
秋吉台の固有種アキヨシアザミ、遊歩道脇に咲いていたけどこれは去年も見たような。画面上から伸びてきた茎が右に曲がっています、去年もこんな状態だったような。右側先端に花後の花、開いた花もみな同じ茎から咲いています。
アキヨシアザミ

筒状花だけの花、アザミの仲間はどれも皆同じ、だからアザミは難しい。
アキヨシアザミ

筒状花は先端が5裂
アキヨシアザミ

細い花弁が長く伸びています。
アキヨシアザミ

紫色の葯筒から花粉が出ている、こちらから柱頭が出ているのを見たことあったかな。
アキヨシアザミ

周辺の花は柱頭が出ているけど2裂はしてないよです。こちらにも葯筒があるけどあまり発達してないような、雌性が強いのかな。
アキヨシアザミ

花後の花、冠毛が伸び始めています。総包片は7,8列、これは大分反っていますがそれ程反らないのもあります。多少蜘蛛毛がある。
アキヨシアザミ

葉は羽裂しないのが特徴、これでわかりやすい。
アキヨシアザミ

鋸歯先端は棘状になっている。
アキヨシアザミ

別の場所、石灰岩の間に咲いていた。
アキヨシアザミ

更に別の場所、一株だけポツンと咲いていることも多い。
アキヨシアザミ

大地を背景に。
アキヨシアザミ

青空バック、この時期ならススキはまだ穂が銀色に輝いているんですけどね。
アキヨシアザミ

キク科アザミ属

(10月11日撮影)
2019. 10. 24  
台地上でも普通に見られるセイタカアワダチソウ、ただ分布はかなり偏っていて局所的、ドリーネの底などでよく見かけるから多少は湿っぽい場所を好むのでしょうか、ただ生えている場所では大抵大群生しています。
セイタカアワダチソウ

北アメリカ原産、戦後急速に広がりましたがもうすっかり秋の風物詩になっているかな、小さい頃野山がこれで真っ黄色になっていたのを覚えています、当時は当然名前など知らずなんて呼んでいたかな。
セイタカアワダチソウ

頭花は枝の上側に上向きに多数つける。
セイタカアワダチソウ

葯筒から2裂した柱頭が出ていますが殆どクルリンしないようです。細い花弁のようなのはなんでしょう。
セイタカアワダチソウ

舌状花は細長い、筒状花は少なく数個程度、これはまだ開いていない、短く細い花弁は筒状花の花弁のようです。
セイタカアワダチソウ

円筒形の総苞、これも黄色くなっていて花序全体の色合いに濁りがなくなるかな。
セイタカアワダチソウ

披針形の葉、それ程目立たない鋸歯がある。
セイタカアワダチソウ

裏側脈状に毛が生えている。
セイタカアワダチソウ

葉や茎に短毛が生えて触るとザラザラします、よく似たオオアワダチソウはほぼ無毛。
セイタカアワダチソウ

こちらは別の場所、この辺りではここだけで群生、ここも小さなドリーネです。
セイタカアワダチソウ

名前のとおり背が高い、時には2mを超すこともあります。
セイタカアワダチソウ

大きな円錐花序、頭花も花序も悪くないのに全体の姿はあまりいいとは言えないかな。
セイタカアワダチソウ

キク科アキノキリンソウ属

(10月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR