2019. 10. 25  
日当たりの良い草原に咲くオケラ、遊歩道脇ではあまりお目にかかれない。今年この場所のは多く咲いていた。
オケラ

雌雄異株で雌株には雌花や両性花をつけることはよく書かれているが雄株の雄花はあまり書かれていないサイトが多いかな。
オケラ

これは雌花、褐色の葯筒がないのでより白く見えます。
オケラ

伸びた花柱に2裂した柱頭
オケラ

これは花柱上部は灰色になっているが真っ白なのもありました。
オケラ

こちらは両性花
オケラ

褐色の葯筒から花柱が伸びている。
オケラ

頭花は筒状花だけからなる、密集しているので一つだけ切り出しにくい。
オケラ

これが迷う花
オケラ

葯筒から花柱が伸びているが柱頭は未だ開いていない、左側のは花柱も出ていない。キク科は周辺から咲いていくから左側中央のはこれから花柱が出てくるんでしょうか。葯筒の色も違うけど灰色から褐色になっていくんでしょうか。
オケラ

これは葯筒から全く花柱が出ていません、雄花なのかな。
オケラ

花柱が出てくる感じもしないけど葯筒が灰色だからこれから熟して花柱が出てくるんでしょうか、経過観察してみたいけど野生ではな。
オケラ

少し赤っぽい頭花もあります。
オケラ

赤っぽい舌状花。
オケラ

中央の筒状花だけ開いていないのがあって花弁先端が赤くなっているのが分かります、まるでマニュキュア、開くにつれて色が拡散して薄くなるようだ。
オケラ

オケラと言えばやはりこの魚の骨、苞葉が変化したものだそうです。
オケラ

苞葉が殆どないのもありました、内側の総苞がよく分かる。
オケラ

昆虫が訪問、頭を突っ込んでいますが蜜を舐めているのかな、ドロバチの仲間のようだけど特定できず。
オケラ

最後は赤い頭花で青空バック。
オケラ

キク科オケラ属

(10月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR