2019. 10. 31  
台地上の草むらの中に咲いていたセンブリ、この日は見つかればラッキーという程度で探してみましたがこの一株だけ咲いていた。
センブリ

茎頂部や上部葉腋に数個の花をつける、蕾も多く一つの株でも長く花を咲かせます。
センブリ

早速4弁のもありました。葯が内向きなのが分かります、ムラサキセンブリは外向き。
センブリ
(10月17日撮影)

後日別の場所、この辺りに群生していました。
センブリ

細い5弁花、花弁に紫色の筋、緑色の蜜腺溝がいいアクセントになっています。
センブリ

6弁花もありました、次はもっと多弁を探さなくちゃ。
センブリ

柱頭がパックリ2裂、蜜腺溝の毛は当然イヌセンブリより少ないですがムラサキセンブリと比べても少ない。
センブリ

蜜腺溝は楕円形、花弁基部からやや離れていてムラサキセンブリとの違いが分かります。
センブリ

蜜腺溝がきれいに円形を描いている、まるで時計の文字盤、10個しかないけど。
センブリ

花弁裏側は淡い紫色を帯びる。
センブリ
(10月25日撮影)

リンドウ科センブリ属
2019. 10. 31  
こんなとこに咲いていたメハジキ、高さ20cm程度とメハジキとしては随分背が低いなと思ったのですがどうやら茎上部がちぎられているようでした。
キセワタ
(シソ科メハジキ属)

これは未だ咲いていたと言えるかどうか分からないけどナンバンギセル、右側には既に果実になっているのが見えています。
ナンバンギセル

これは随分赤かったので撮ってみました、この辺りに何株かあったけどどれもこのように赤かった。
ナンバンギセル
(ハマウツボ科ナンバンギセル属)

これも綺麗に咲いていたヒガンバナ、もうすっかり終わっているんですけどね、普通花は横向きだけどこれは上を向いていた、向上心が強いぞ(笑)
ヒガンバナ
(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

これは正真正銘驚いたフユイチゴ、花期は9-10月となっていますが秋吉台では7-8月、花はもう全く見られずそろそろ果実になる頃です。
フユイチゴ

花の盛期でもあまりお目にかかれないような整った花でした。
フユイチゴ
(バラ科キイチゴ属)

(10月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR