2019. 11. 30  
すっかり果実期になったチカラシバ、花期の頃と比べて色が黒褐色になった程度ですが。
チカラシバ(果実)

まだ緑色が残っていますがさすがに蕊は見えない。
チカラシバ(果実)

ゴワゴワした毛のように見えているのは小穂基部から出た総苞毛、花序軸に長毛が生えている。
チカラシバ(果実)

ピンセットでつまみ出してみました、小さいものを扱うのに便利。第1小花は護穎だけで、結実するのは第2小花だそうで下側に見えているのが第一小花でしょうか。
チカラシバ(果実)

苞穎を取り除いて果実を取り出してみました(だんだんしつこくなります(笑))、先端に花柱の跡が残っている、下部に溝状の窪みがありますがそこから根や芽が出てくるんでしょうか。
チカラシバ(果実)

イネ科チカラシバ属

(11月15日撮影)
2019. 11. 29  
ブログからのホームページ「秋吉台の花々」の移植がほぼ終わりました。
(右上プロフィール内にも表示)
この後シダ植物の追加、果実・種子図鑑、芽生え図鑑、虫こぶ図鑑(リンクだけですが)等を予定しています。
ぜひご利用ください。

(追記)
果実・種子図鑑、芽生え図鑑、虫こぶ図鑑追加しました。
我ながら意外と便利かも。
シダは当分先かな。

(追記その2)
スマホで見てみるとトップページの表部分に字が大きい行と小さな行が混在
PCで見るとそのようなことはないからスマホだけの問題か、多分修正は無理(^^;)
2019. 11. 29  
メガルカヤの果実を撮ったならオガルカヤのも撮らなくちゃ、メガルカヤほどではないですがこちらも普通に見られます。
オガルカヤ(果実)

苞葉の間から総状花を2こづつ出す、手前と背後に見えているのがそれでしょうか、小穂は両性花と雄性花があるそうで両性花には芒がある。
オガルカヤ(果実)

こちらは随分小穂が多い、同じイネ科のジュズダマに似ているような。
オガルカヤ(果実)

芒のある両性花、芒の長さは小穂と同じくらい。
オガルカヤ(果実)

小穂には随分毛が多い。
オガルカヤ(果実)

周りを取り除いて果実を見てみました、長さ3mm程。
オガルカヤ(果実)

イネ科オガルカヤ属

(11月10日撮影)
2019. 11. 28  
イネ科を果実として撮るのは初めて、これはメガルカヤ、どこにでもあるし区別もしやすいし果実も大きいので最初の一つとしては最適だった。
メガルカヤ(果実)

花序は6,7個の小穂からなり両性花は1個だけで後は雄性、両性花だけ長い芒が出ています。初め果皮を取ってみたら空ばかりだったので果実がもうばら撒かれたのかと思いましたが優勢だったようです、一番外側に見えているのが苞葉。
メガルカヤ(果実)

芒には捻れがあります、これが湿度によって伸び縮みして果実を地面に埋めていくようです。
メガルカヤ(果実)

芒には上向きの毛が密生している。
メガルカヤ(果実)

芒を摘めば簡単に果実を見ることが出来ます、まるで釣りの疑似餌、穎果と言う痩果の一種で果皮と種皮が密着しています、素人的には種子と思ってもいいかも。この時点ではまだ果皮をとることはしなかった。
メガルカヤ(果実)

イネ科メガルカヤ属

(11月10日撮影)
2019. 11. 27  
イラクサ科の果実は殆ど撮ってなかったので撮ってみました、この仲間は区別が難しいので取り敢えず名前が分かるのをアップ、これは多分クサコアカソ
クサコアカソ(果実・種子)

この仲間は花序がそのまま茶色くなったようであまり果実期と認識しづらい。
クサコアカソ(果実・種子)

拡大してみるとまだ花柱が残っていますが果実なのが分かります、表面に細かな突起があるようです。
クサコアカソ(果実・種子)

一つ一つ見るのは無理なのでまとめて籾摺り状態にしてばらまいてみます。
クサコアカソ(果実・種子)

左側のはまだ花被片に包まれている、花柱が残り毛が生えているのが分かる。
クサコアカソ(果実・種子)

大きさは1mm程、これは2つくっついているのかな。
クサコアカソ(果実・種子)

周りの白い粒々もクサコアカソのものですが正体不明。
クサコアカソ(果実・種子)

イラクサ科ヤブマオ属

(11月17日撮影)
2019. 11. 26  
まずは前の記事から写真を引用
ヒカゲイノコヅチ(果実・種子)

どう見ても虫こぶ、命名法の原則からしてイノコヅチミフクレフシ、初めてかと思ったら前に一度見ていた。でも検索しても殆ど情報は出てこない、珍しいのでしょうか。
イノコヅチミフクレフシ

左側の正常な果実と比べると随分大きくなっています、正常な花被片と比べるとそれも大きくなっていてまるで立体顕微鏡(笑)。
イノコヅチミフクレフシ

まだ緑色が残っているのを切断してみました、イノコヅチでなければ普通の果実にしか見えない。
イノコヅチミフクレフシ

実物を見ている時はこれはてっきり種子だと思っていた(汗)、写真で見てみるとはっきり幼虫だと分かります、タマムシの仲間のようです。
イノコヅチミフクレフシ

すっかり枯れ切っていたのも切断してみたら空洞がありました(実はこちらを先にカット)、もう虫は出ていったんでしょうか。
イノコヅチミフクレフシ

こちらは別の場所、赤くなった草があったので近寄ってみたらイノコヅチでした。
イノコヅチクキマルズイフシ

茎や葉が真っ赤になっています、葉の縁が波打ってないからこれもヒカゲイノコヅチでしょうか。
イノコヅチクキマルズイフシ

茎の節が膨れています、これは割とよく見かけます、ここまで赤くなっている。
イノコヅチクキマルズイフシ

カットしてみましたが空洞がありません、非常に固くて切るのに苦労しました。
イノコヅチクキマルズイフシ

更に抉ってみると空洞があって幼虫が1匹いました、多分一匹だけ。
イノコヅチクキマルズイフシ

イノコヅチウロコタマバエの幼虫、これが寄生することで茎が膨れてきます。
イノコヅチクキマルズイフシ

(11月17日撮影)
2019. 11. 26  
イノコヅチの果実が丸くなっていたので虫こぶだなと思って撮ってみました。
ヒカゲイノコヅチ(果実・種子)

でもその前に果実も撮っておこ、イノコヅチは花が咲いてすぐ果実になるから花期の頃とあまり変わりません、色が茶色くなっている程度でしょうか。
ヒカゲイノコヅチ(果実・種子)

果実の基部から出ている棘状のものが小苞、これでくっつき虫になります、基部に丸く見えているのが付属体、割と大きく見えるからこれはヒカゲイノコヅチかな。
ヒカゲイノコヅチ(果実・種子)

花被片を取り除いてみました、種子が1個入っています。
ヒカゲイノコヅチ(果実・種子)

大きさ3mm程度、やや膨らんだ円筒形、先端に花柱の跡が突起となって残っています。
ヒカゲイノコヅチ(果実・種子)

ヒユ科イノコヅチ属

(11月17日撮影)
2019. 11. 25  
秋吉台で見つけているカエデ属はイロハカエデウリハダカエデチドリノキの3種、これは新たに見つけたコハウチワカエデ、今まで2ヶ所で見つけていたけど花を咲かせてなかったり手が届かなかったりで花を撮ることが出来ませんでした、これも8月末なので花は終わっています、来年のお楽しみ。
コハウチワカエデ

カエデらしい葉だけどやはり他の3種とは形が違います、葉柄が長いのが分かります、ハウチワカエデは葉柄が葉身の1/2以下だとか。
コハウチワカエデ

緑色の実がなっています、翼も緑色。
コハウチワカエデ(果実・種子)
(8月31日撮影)

10月中旬、翼が赤くなってきていますがイロハカエデ程ではない、これ1枚しか見ていないからもっと赤くなるかどうか分かりませんが。
コハウチワカエデ(果実・種子)
(10月17日撮影)

1枚めと同じ株、紅葉してきていますがそれ程綺麗ではない。
コハウチワカエデ

上の方は綺麗に色づいている、日の当たり具合の違いなんでしょうか。
コハウチワカエデ

翼果もすっかり茶色くなっていました、種子そのものはまだ緑色が残っている。
コハウチワカエデ(果実・種子)

2つでワンセット、種子はくっついています。
コハウチワカエデ(果実・種子)

でも触れるだけで簡単に離れる、回転しながら飛んでいくから離れないと駄目でしょうね。
コハウチワカエデ(果実・種子)

翼には筋が入っています、強度と薄さを兼ね備えた構造。
コハウチワカエデ(果実・種子)

掌状に裂けた葉、単鋸歯だが一部に重鋸歯が混じる。
コハウチワカエデ

ムクロジ科カエデ属
2019. 11. 24  
を見たのと同じ株、紅葉しているので分かりやすくなっていました。後方に紅葉したハゼノキが見えていますがやはり紅さは劣る。
ヤマコウバシ(果実・種子)

葉は冬の間でも残るそうですが次の開花時までには落葉します。
ヤマコウバシ(果実・種子)

雌株しかないが結実します、でも花の数に比べてずいぶん少ないような。既に来シーズンの冬芽が出来ている。
ヤマコウバシ(果実・種子)

長い果柄の先に球形の黒い果実、果柄上部が膨れている、マスカラに似てるな
ヤマコウバシ(果実・種子)

果実は果肉が少なくほぼ種子で占められています、地面に落ちていたのを使ったので水分が抜けていたが液果です。
ヤマコウバシ(果実・種子)

種子の大きさは5mm程でほぼ球形ですが隆起線があります。
ヤマコウバシ(果実・種子)

一部が淡緑色になって僅かに突き出ています、ここから芽や根が出てくるんでしょうか。
ヤマコウバシ(果実・種子)

クスノキ科クロモジ属

(11月17日撮影)
2019. 11. 23  
すっかり花の終わったキツネノマゴ(まだ咲いている花も多いですが)、これは果実が見えるかなと思って撮ってみました。
キツネノマゴ(果実・種子)

一番下に見えているのが果実、上の方はまだ萼片に包まれて見えていないようです。
キツネノマゴ(果実・種子)

大きく2裂して種子は飛び出ていた、萼片に白っぽく見えているのは腺毛なんでしょうか。
キツネノマゴ(果実・種子)

開いている果実は多いけど種子は見当たらず。
キツネノマゴ(果実・種子)

果実の片割れを撮ってみました(近頃小さいものを摘むためピンセット常備(笑))、2室からなっているのが分かります、種子は4個入るそうです、内部に突起のように見えているのが弾糸でこれで種子を弾き飛ばすとか。
キツネノマゴ(果実・種子)

やっと種子が入っているのを見つけました。
キツネノマゴ(果実・種子)

これもピンセットで慎重に取り出す、肉眼では1個しか気が付かなかったけど写真を見ると4個とも入っていたみたい。
キツネノマゴ(果実・種子)

大きさ1mm程、細かな凹凸がある、単純な形ではなく突起状の肋があるような。
キツネノマゴ(果実・種子)

キツネノマゴ科キツネノマゴ属

(11月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR