2019. 11. 20  
秋吉台の花ネタがなくなったので久しぶりに地元の自然公園に行ってみました。
草むらの中に咲いていたヤマラッキョウ、ここは公園内じゃないですけどね。
ヤマラッキョウ

球形花序、やはり周辺部から咲いてくるようで中央部はまだ蕾、花が開くと垂れてきます。
ヤマラッキョウ

細長いのもありましたが二つの花序が重なっています。
ヤマラッキョウ

ここは確かラッキョウではなくヤマラッキョウのはず、内部を見ると歯牙がありません、ラッキョウは歯牙がある。
ヤマラッキョウ

花被片をとってみました、やはり歯牙がない、あったとしても花被片と一緒に外れたかもしれないけど(^^;)。緑色の子房から長く伸びた花柱、先端に向かって少しずつ細くなる。
ヤマラッキョウ

先端が白っぽくなっているのが柱頭、ほんとに小さい。
ヤマラッキョウ

葯は一斉に開かないのでしょうか、未熟なのと既に花粉を出し終わったのがあります、右側のは今まさに開いて花粉を出し始めた状態。
ヤマラッキョウ

こちらは自然公園内の山の上、ここも僅かながら咲いています。初めて来た頃はまだ明るかったけど周辺の樹木が育ってきたせいか山道が狭くなり薄暗くなってきていた。そのせいかこの辺りに生えていたオケラを全く見かけなかった。
ヤマラッキョウ

内部を見るとやはり歯牙がありません。
ヤマラッキョウ

こちらは駐車場近くの道路沿い、この道路沿いで見たのは初めてかな。
ヤマラッキョウ
ヒガンバナ科ネギ属

おまけ、ニガナが咲いていた、10月が暖かかったせいでしょうか。わかりにくいですが蕾や花後もたくさんありました。
ニガナ

(11月15日撮影)
2019. 11. 20  
第2のお気に入り空き地にたくさん生えているヨウシュヤマゴボウ、茎がすっかり赤くなっています。
ヨウシュヤマゴボウ(紅い茎)

赤と言うより紅ですね。
ヨウシュヤマゴボウ(紅い茎)

でもなんだってこんなに紅くする必要があるんでしょうね。
ヨウシュヤマゴボウ(紅い茎)

果実が黒いので赤黒の2色効果はありますが別に茎まで赤くしなくても、とは思う。果軸や果柄が赤いからそれで十分だろうしな。
ヨウシュヤマゴボウ(紅い茎)

これは果実が黒くなっておらず軸と果柄の紅さが目立ちました。
ヨウシュヤマゴボウ(紅い茎)

ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属

(11月10日撮影)

おまけ、後日ですがハナウドがきれいに咲いていた、さすがにこれはビックリ、もう果実でさえ見られない時期なんですけどね。生えたばかりの新鮮な株でした、10月の陽気に騙されて生えてきたか。
ハナウド
(11月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR