2019. 12. 03  
冬に咲くヤブツバキ、ヤブと名がついていますが日当たりの良い場所に生えます。野草シーズンが終わった頃咲くので今まで詳しく撮ったことがなかったので撮ってみました。
ヤブツバキ

昆虫が少ない冬に咲くので鳥を相手に特化した花、赤い色も鳥に認識しやすくする為。
ヤブツバキ

筒型の雄しべ、花糸は下部で合着しています。
ヤブツバキ

中央部が開いていてここから嘴を突っ込んで中の蜜を舐めます、その時嘴に花粉が付着する、この形も鳥に特化した形状。
ヤブツバキ

よく見ると雄しべの中に雌しべが見えています。
ヤブツバキ

花の終わりには花弁と雄しべがそっくり落ちて長い花柱だけが残ります、先にこれを見たから前の写真で雌しべが分かったんですけどね。
ヤブツバキ

花柱の途中で色が変わり少し折れ曲がっています。
ヤブツバキ

柱頭は3裂、更にそれぞれが僅かに2裂しているように見えます。
ヤブツバキ

葉は互生で長楕円形〜卵状楕円形、細かな鋸歯がある、艶があり照葉樹林の代表的樹種の一つ。
ヤブツバキ

最後は青空バック、風は冷たく気持ちのいい秋晴れの1日でした。
ヤブツバキ

昨年の果実がまだ残っていました。
ヤブツバキ(果実)

肥厚肥大した外花被、種子が一つ残っていまし、種子は中果皮に包まれているそうで正確には果実何でしょうがもう種子でいいですね。それにしても種子も鳥が食べるんでしょうか、このまま地面に落ちて芽生えたら親のライバルにしかならない。
ヤブツバキ(果実)

残った種子は虫に食われていました、地面に落ちても殆ど虫に食われるでしょうね。
ヤブツバキ(果実)

ツバキ科ツバキ属

(11月30日撮影)
2019. 12. 03  
登山道のまさしく入口に咲いていたジシバリ、花の少ない時期だしこの花としてはかなり早いしこの日の一番花だったので撮影、結局この日撮ったのはこれも含めて2つだけ。
ジシバリ

オオジシバリに比べて頭花が一回り小さい。このコースでも生えているけどこの日は咲いてなかった。
ジシバリ

やはりまだ早すぎるのか柱頭がきれいにカールしてない、でも花粉は出ている、中央部に冠毛が見えています。
ジシバリ

丸っぽい葉、これが長い葉を持つオオジシバリとの一番の違い。
ジシバリ

キク科ニガナ属

(11月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR