2020. 01. 08  
よく似た花パート2、これで今年の最終回。

年中組の中でも特に年中組なコセンダングサ、もう季節感を全く感じさせない。
コセンダングサ

なので撮るのもこの頃だけ。
コセンダングサ

冬場でも果実をならせているのでお土産も貰えます、いらんけど。
コセンダングサ
キク科センダングサ属

白い舌状花が見えていたのでコシロノセンダングサかと思ったけどアイノコセンダングサのようです。
アイノコセンダングサ

コシロノセンダングサに比べて舌状花が短いかな、区別する必要もないという説もあるようです。
アイノコセンダングサ
キク科センダングサ属

海岸の砂浜に生えていたオオキバナカタバミ、海岸だけでなく野山でも随分野生化しています。
オオキバナカタバミ

葉に褐色の斑点があるのも特徴でしょうか、カタバミにはこの斑点はない。
オオキバナカタバミ
カタバミ科カタバミ属

草むらの中に咲いていたカタバミの仲間、これも野生化しているのをよく見かけます。
オキザリス

ムラサキカタバミではなさそう、一応オキザリスの仲間という程度で深入りしないようにしよう。
オキザリス
カタバミ科カタバミ属

舗装の隙間に生えていたチチコグサの仲間
ウラジロチチコグサ

葉の緑色が濃く艶があるのでウラジロチチコグサでしょうか、これでも一応花が咲いている。
ウラジロチチコグサ
キク科チチコグサモドキ属

広場に生えていたチチコグサ(画面中央左辺り)、周りに多くの色んなロゼットが見えていますがもう調べる余裕がないのでそちらへの意識は封印(笑)
チチコグサ

ひ弱そうにひょろひょろ伸びていますが外来種に負けず頑張っています。
チチコグサ

これでもキク科なんだよね。
チチコグサ
キク科チチコグサ属

(1月2日撮影)
2020. 01. 08  
よく似た花(私的には似ているとは思えない花もありますが)

この辺りに群生しているウシハコベ、やはり寒いせいかあまり開いていない花も多い。
ウシハコベ

柱頭が5裂しているのが最大の特徴、花自体も大きいですが殆どこれだけで区別。
ウシハコベ

石垣の隙間に生えたコハコベ、これもほぼ年中組ですかね。一緒に生えているのがホトケノザ、こちらは咲いてなかった。
コハコベ

柱頭は3裂、花自体もウシハコベより小さいけど割と大きい時もあります。
コハコベ

何時もならこの広場にはオオジシバリが多く見られるけど今年は藪になっているせいか少なかった。
オオジシバリ

細長い葉が見えていますがこれでジシバリと区別、頭花自体も大きいけど冬場のせいかそれ程大きくなかった。
オオジシバリ

一面に葉を広げて花を咲かせていたジシバリ、オオジシバリは冬でも割と見かけますがジシバリはあまり見かけません。葉は随分広げているが花は少なかった。
ジシバリ

この広場はあまり草刈りされている様子はないけど背の高い野草は殆生えていません、なのでジシバリでも大丈夫かな。
ジシバリ

意外と見かけなかったセイヨウタンポポ、冬場は花茎をあまり伸ばしません。
セイヨウタンポポ

舗装の隙間に生えていた、こういう場所の方がライバルが少なく根生葉を広げる野草にとっては好条件。
セイヨウタンポポ

この広場で見られるブタナ、年によって多かったり少なかったり、今年は平年並み。広がっている葉はスズメノエンドウ、さすがに花は咲いてなかった、探したけど(汗)。
ブタナ

花茎は細く緑色で枝分かれするなどタンポポと全然違いますがブタナを知らなければこれをタンポポと思う人もいるかも。
ブタナ

舌状花だけの花、たんぽぽの方が舌状花が多く華やかに見えます。でもこれはこれで華やかだから豚菜の名前は可哀そう、豚には悪いけど(笑)
ブタナ

(1月2日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR