2020. 05. 02  
この辺りに群生しているシャク、秋吉台に行く途中の道路脇でも所々で見ていますが秋吉台ではいまんとこここだけしか見ていない。
シャク

複散形花序、小花序も上部が平になっています。
シャク

小花序は外側の花が大きく一つの花も外側の花弁が大きくなっている。
シャク

セリ科らしく花盤が2裂、柱頭が出ていますがまだ開いていません。
シャク

横から見ると雄しべが突き出ているが雌しべはまだ。
シャク

2回3出複葉、小葉は更に深裂する、下の葉と重なって見づらい。
シャク

セリ科シャク属

(4月15日撮影)
2020. 05. 02  
道端の舗装の隙間に生えているノミノツヅリ、乾燥した場所を好むようで休耕田ではまず見かけません。右に見えているのがアメリカフウロ、これも隙間でよく生えています。
ノミノツヅリ

ハコベとよく似た花ですが花弁は全く切れ込まないので区別は容易。
ノミノツヅリ

雌しべは3本、雄しべは10本、花弁基部から出ているのが外側で、その間から出ているのが内側に伸びているようだ、内側の雄しべの基部に小さな突起のようなのが見えている。
ノミノツヅリ

花柄や萼片に毛が多い。
ノミノツヅリ

腺毛があるのをネバリノミノツヅリと言うけどこれはそれではなさそうだ。
ノミノツヅリ

葉は対生で無柄、卵形、縁や表面に毛が生えている、茎にも下向きの毛が密生。
ノミノツヅリ

ナデシコ科ノミノツヅリ属

(4月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR