2020. 05. 08  
雌雄異株のイチョウ、一昨年雌花を見つけたので雄花を探していましたが今年アッサリ見つかりました。
イチョウ(雄花)

すぐ分かるくらい多くの花を咲かせています、今まで意識して探していたけど見つからなかったのは手が届くような背の低い木ばかり見ていたせいかな、若い木だと花を咲かせないのかもしれない。
イチョウ(雄花)

未熟なバナナのような花序、これも未熟でまだ開いていないようです。
イチョウ(雄花)

房のように見えているのは葯のようで2室からなっているようです。
イチョウ(雄花)

先端のこれはなんでしょう、ここが開いて花粉が出てくるのかな、次は開いた葯を見なくては。
イチョウ(雄花)

これは一昨年見つけた雌株
イチョウ(雌花)

今年も咲いていました、この株は毎年大量のギンナンをつけます。
イチョウ(雌花)

こちらは花の数が多い、全く無いのもありました。
イチョウ(雌花)

これは胚珠、普通2個ですが1-7個と幅があるとか。胚珠がむき出しなので裸子植物。
イチョウ(雌花)

柱頭と言っていいのでしょうか、先端が裂けています、ここから花粉が入ってきます。ただすぐ受精するわけではなく一旦花粉室に入って精子になり5ヶ月程経ってから泳ぎだして卵子と受精するとか、随分基の長い話だ。
イチョウ(雌花)

イチョウ科イチョウ属

(4月28日撮影)
2020. 05. 08  
雌雄異株のコクサギ、これは雄株、コクサギは割とあちこちで見かけて場所も覚えなくなっている、ここは以前見ているけど直ぐ側に雌株もあるので撮影に便利。
コクサギ(雄花)

雄花は前年枝の葉腋から総状花序を出す。前の写真でも分かるように目立ちます。
コクサギ(雄花)

花や花序の基部に苞葉がある、花の方は小苞と言うべきかな。
コクサギ(雄花)

花柄は5,6mm、花弁は平開し4本の雄しべが突き出る。
コクサギ(雄花)

花弁の間に小さく見えているのが萼片でしょうか、緑色の花盤から4本の雄しべ、中央が白っぽくなっているのが雌しべの痕跡でしょうか。
コクサギ(雄花)

雌しべは単生、花柄が雄花より長く毛が生えている、中間にも苞がある。
コクサギ(雌花)

4裂した柱頭、4本の雄しべも見えているが機能してないでしょうね。
コクサギ(雌花)

子房も4個、毛が生えているような、蜜が出ているのが分かります。
コクサギ(雌花)

葉には艶があり倒卵状長楕円形、2枚づつ互生するコクサギ型葉序。
コクサギ(葉)

ミカン科コクサギ属

(4月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR