2020. 05. 17  
3種類のガマズミの中では最初に咲き始めるコバノガマズミ、でも他の2種もそれ程違うわけでもない。よく似た種類は花を咲かせる時期をずらせることも多いですがこの3種は同じ頃咲くのでややこしい。
コバノガマズミ

樹木の花は手が届くかどうかがポイント、ここは程よい高さに咲いていた。
コバノガマズミ

枝先に散房花序を出す、まだ蕾もありますがちょうどよい咲き具合でした。
コバノガマズミ

雄しべがまるで毛のように突き出ている。
コバノガマズミ

花の大きさは5mm程、雄しべは5本、中央に子房が見えている。
コバノガマズミ

子房の上に雌しべ、まだ開いていないようです。
コバノガマズミ

葉は対生で細長く卵形~楕円状披針形、コバと言うよりホソバと言った方がよさそう、概ねこれで他の2種と区別できますが迷うようなのもあります。
コバノガマズミ

葉柄基部に線形の小さな托葉、他の2種はこれがありません、ただ本種でもないのがあるようです。
コバノガマズミ

葉の裏に星状毛が密生、ここまではっきり見たのは初めて。
コバノガマズミ

葉の基部に腺点があります、この周りだけ腺毛がなくまるで草むらの中の池。
コバノガマズミ

脈上には星状毛だけでなく絹毛も生えている。
コバノガマズミ

以前はレンプクソウ科でしたがレンプクソウ科はガマズミ科に変更されレンプクソウ科はなくなりました。

ガマズミ科ガマズミ属

(4月28日撮影)
2020. 05. 17  
サルトリイバラは割とお気に入りなので毎年撮ってます、でも普通に見られるのでなるべく日が当たっていて雌雄の下部がほぼ同じ場所で見られるなど条件が厳しいので見逃すことも多い(笑)、雌雄異株でこれは雄花。
サルトリイバラ

葉腋から散形花序を出し多数の花をつける。
サルトリイバラ

黄金色に輝く花、やはりこの様子を撮るには日が当たってないとね。
サルトリイバラ

雄しべ6本、花被片は6枚。以前の分類ではこのように内花被片と外花被片が3枚づつ別れているのはほぼユリ科でしたがAPG分類でサルトリイバラ科として独立しました。素人的には見た目で分類することが多いクロンキスト体系の方がしっくり来ることも多いのですが流石にこれはその頃でもユリ科とするのは違和感がありました。
サルトリイバラ

花被片がカールする様子も撮らないと。
サルトリイバラ

こちらは雌花、雌雄異花の花序では雄花の方が数多くの花をつけることが多いですがこれはあまり違いはありません。
サルトリイバラ

大きさや花被片の様子も変わりなく雌しべがあるかどうかくらいの違いです、それが決定的ですが。
サルトリイバラ

子房から出た3裂する柱頭、それぞれの柱頭も2裂しています、細かな毛が生えている。
サルトリイバラ

子房の周りに棘のように見えているのが退化した雄しべのようです。
サルトリイバラ

柱頭が赤くなり始めているのがありました、劣化して茶色くなってきているではなさそう。
サルトリイバラ

一つ拡大、柱頭の縁が綺麗に赤くなっています。
サルトリイバラ

サルトリイバラ科サルトリイバラ属

(4月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR