2020. 05. 28  
秋吉台ではクマノミズキは多いですがミズキは多分ここだけ、これで高さ10m程。
ミズキ

上の方でも枝を横に広げた独特の樹形、だそうです。
ミズキ

下の方でも枝を横に広げて多くの花を咲かせている、これがなければ指を咥えて見るだけになりそう。
ミズキ

散房花序、花序が水平な様子がよくわかります。
ミズキ

風が吹いて木漏れ日が時折当たったり影になったりとデジカメには非常に撮りづらい状況だった。
ミズキ

なので正面写真もこんなのしかない(^^;)、細い十字状の花弁、その間に雄しべが伸びているのがわかる。
ミズキ

雌しべよりずっと長い雄しべ、花柱の先端に柱頭がありほぼ同じ太さだけど僅かに色が違っているようです。
ミズキ

花序を下から見ると緑色の子房が目立つ、まだ果実は撮ってないな。
ミズキ

広卵形または広楕円形の葉、先端は短く尖り縁は全縁。
ミズキ

クマノミズキは対生だがこちらは互生、でも枝先に葉が集中するので分かりにくい、左に見えている褐色の枝が前年のでしょうか。
ミズキ

ミズキ科ミズキ属

(5月13日撮影)
2020. 05. 28  
一番見学しやすい場所にあるニガキ、同じものならば安易に流れるのは致し方ないこと(笑)、最初に見つけたのは林道の一番奥にあるので最近は行ってないな。
ニガキ

本年枝野葉腋から集散花序を出す。
ニガキ

雌雄異株でこれは雄株、近くに雌株があるのもここに来る理由ですが今年は枝が切られて花が咲いてなかった、残念。
ニガキ

雄しべが4本、花弁も4枚、中央に丸く緑色のは花盤、花糸の下部に毛が生えている。
ニガキ

雄しべが5本のもありました、概ね4,5本のようです。花柄や花弁にも毛が生えている。
ニガキ

小さな昆虫が訪問、左側の花盤には蜜が出ているようです。
ニガキ

奇数羽状複葉、小葉は4-6対、小葉は卵状長楕円形で細かな鋸歯がある。1枚の葉は大きいので全体が撮れなかった。
ニガキ

ニガキ科ニガキ属

(5月13日撮影)
2020. 05. 28  
4月末沢山の蕾をつけていたアリドオシ、その時は開花していたのはなかった。2週間後来てみたらもう大部分散っていた。
アリドオシ

まだ何とか残っているのもありました、左側のがそれで右側のは散りかけています。
アリドオシ

一つでも咲いていればいいんですけどね、でもギリギリセーフ。
アリドオシ

花冠は4裂
アリドオシ

雌しべの柱頭は4裂、雄しべも4本
アリドオシ

柱頭は突起のような毛が生えていて花粉を捕まえやすくなっています。
アリドオシ

花筒内部には毛が密生。
アリドオシ

花冠は丸ごと落ちるようです、柱頭が開いているせいか雌しべに引っかかっているのも多くありました。
アリドオシ

棘は葉と同長か長い、ただここのは葉よりやや短いのが殆ど、でもオオアリドオシよりははっきり長いです。
アリドオシ

棘は葉の基部(葉腋ではない)から出ているのが多いですが左のように葉がないのもあります、短枝が変化したものだそうです。
アリドオシ

アカネ科アリドオシ属

(5月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR