2021. 01. 31  
古墳遠征の帰りに寄ってみたセリバオウレン、まだこれからだけど撮るには十分な数が咲いていました。
セリバオウレン

まさしくスプリング・エフェメラル、春の妖精ですね、冬だけど、それにしても随分気が早い。
セリバオウレン

雌雄異株でこれは雄花、はっきり言って雌花より華やかです、雌雄がある植物は雄花が先に咲くことが多くここも雄花の方が多かった。
セリバオウレン

ここは時折木漏れ日が差していい雰囲気で撮れます。
セリバオウレン

外側に大きく見えているのが萼片で5枚、その間に同型だけど小さく見えているのが花弁で10枚あります。
セリバオウレン

萼片に水気が見えていますがこれは蜜ではなく前々日に降った雨のせいでしょうね。
セリバオウレン

これは両性花、緑色の雌しべが見えている、左のは雌しべが見えていないがこれから出てくるんでしょうね。
セリバオウレン

雌しべは10本ほどで先端が曲がっている、雄しべは雄花の雄しべほど伸びてないようです。
セリバオウレン

これは雄しべの数が大分少ない。全く雄しべのない完全な雌花はあるんでしょうか、極少ないか無いような気もしないでもない。
セリバオウレン

中央が雄花で右上が雌花、比べても雌花のほうが地味ですね。
セリバオウレン

青空バックならぬ樹間バック。
セリバオウレン

キンポウゲ科オウレン属

(1月28日撮影)
2021. 01. 30  
正月の公園花巡りでは一株しか咲いてなかったホトケノザ、この日も少なく探す羽目になりました。ここは日当たりの良いコンクリ壁の前、暖かかったんでしょうか。
ホトケノザ

兎を思い浮かべるような可愛い姿、細長い花筒の奥の蜜を吸えるのはツリアブかヒゲナガハナバチの仲間くらいだそうですが訪問昆虫はあまり見たことないな、そもそもこの2種類はそれ程多い昆虫でもないし。
ホトケノザ

その割には数が多い、やはり閉鎖花をつけるせいでしょうか、左上のは花筒が長いから閉鎖花じゃなく蕾でしょうか。
ホトケノザ

正面から見ると細長い姿、斑紋や蜜標があってなかなか親切設計、花粉はオレンジ色。
ホトケノザ

ツリアブが長い口吻を差し込むとちょうど頭辺りが上部の蕊に触れるようです。
ホトケノザ

上唇を取り除いてみました、左右の4本がやや透明感のある花糸、中央の白っぽいのが花柱ですが柱頭は長短2組の葯の間辺りかな。
ホトケノザ

少しほぐしてみましたが花柱や2裂した柱頭が微妙に隠れている、葯には毛が生えているようです。。
ホトケノザ

横から見ると左側の突き出ているのは葯ですがその右側に2裂した柱頭があるような、背後にやや膨れているのも花柱です。
ホトケノザ

この日は思った暖かくは無かったけど気持ちの良い青空でした。当地はどちらかというと日本海側気候になるので冬は雲が多く青空は意外と少ない。
ホトケノザ

シソ科オドリコソウ属

(1月25日撮影)
2021. 01. 29  
正月の公園花巡りでは咲いていなかったシロバナタンポポ、この日は大分見かけましたがやはり例年よりは少ない。
シロバナタンポポ

やはり日当たりの良い場所で撮ると輝いてます。
シロバナタンポポ

細長い葯筒から柱頭が伸びて花粉を押し出しています、柱頭はあまり開いていない。
シロバナタンポポ

周辺の舌状花は柱頭が十分開いている。
シロバナタンポポ

日本のタンポポは総苞が反り返らないのが特徴ですがこれは在来種だけどすこし反り返ります。
シロバナタンポポ

最後はセイヨウタンポポとのツーショット、頭花の大きさは同じくらいですが舌状花はセイヨウタンポポの方がずっと多い。
シロバナタンポポ

キク科タンポポ属

(1月25日撮影)
2021. 01. 28  
もうだいぶ咲いていたフラサバソウ、カメラを離すと多く写りますが花が小さく近づけると花が少なく加減が難しい。
フラサバソウ

花冠は4深裂する。
フラサバソウ

2本の雄しべ、右側に雌しべが見えている、オオイヌノフグリは花の終わりに自家受粉しますがこちらはどうなんでしょう。
フラサバソウ

花冠は淡青紫色で青い筋が入っている、これは肉眼で見るよりデジカメの方が綺麗に見えるかも。
フラサバソウ

花柄は割と長いが花が突き出ているイメージはありません。
フラサバソ<br />ウ

オオイヌノフグリとのツーショット。
フラサバソウ

オオバコ科クワガタソウ属

(1月25日撮影)
2021. 01. 27  
正月の公園花巡りでは咲いていなかったオオイヌノフグリ、さすがにもう咲いていました、とは言え例年よりはだいぶ少なく群生状態のはここだけでした。
オオイヌノフグリ

アングルで何とか群生状態を写そうと思ったけどそこまでの群生でもなかった。
オオイヌノフグリ

別名星の瞳、あまり綺麗すぎる名前なので使いたくはない。
オオイヌノフグリ

でもなんやかんや言っても綺麗です、数がそこそこ少なければもっと価値が上がるんでしょうけどインフレすぎる。
オオイヌノフグリ

花弁は4裂ですが5裂のがありました。
オオイヌノフグリ

もう一つ、こういうのを探しているわけでもないんですが何故か目に入ります。
オオイヌノフグリ

オオバコ科クワガタソウ属

(1月25日撮影)
2021. 01. 26  
春のような陽気に誘われて近所の花散策に出かけてみました、しかしやはり例年に比べて咲いている花がずいぶん少ない。常連さんも咲いてはいたが随分少なかった。
この日の一番の目的はイヌノフグリ、我が家の近く10m程の場所に生えていて日曜にははっきり確認していたのにこの日は全く無くなっていた。他のどうでもいい野草はそのまま残っているのでどうもイヌノフグリと分かっていて摘み取っている人がいるような気がします。前からそう感じていたけど(-_-メ)。
ここは近所の一番の群生地、例年並みに生えていましたが咲いている花はまだ少なかった。右側の葉はホトケノザで左のがイヌノフグリです。
イヌノフグリ

まだ十分開いていない、これで大きさ2mm程。
イヌノフグリ

近くにもう一つ
イヌノフグリ

十分開いていないというか潰れてます。
イヌノフグリ

更に離れた場所、開いている花も蕾もまだ少なかった。
イヌノフグリ

これが一番開いていた、でも露出オーバー、カメラを近づけると影になるから撮りにくい。
イヌノフグリ

両側に2本の雄しべ、中央に雌しべがあるのがなんとか分かる。2月になればもっと咲いていそう。
イヌノフグリ

オオバコ科クワガタソウ属

(1月25日撮影)
2021. 01. 25  
アヤメの果実を撮ってみました、この仲間は花柱があまり一般的な花柱らしくなくてどうも果実のイメージがわかず撮っていませんでした。
アヤメ(果実・種子)

まだ緑色のが多かったですがこれはかなり褐色になっていました。
アヤメ(果実・種子)

3室からなっているのがわかります。
アヤメ(果実・種子)

カットしてみました、まだ中の種子は未熟な緑色でした。
アヤメ(果実・種子)

整然と並んでいます、まるで豆だ。
アヤメ(果実・種子)

右側のは熟した種子というより未成熟だったような、左側の種子も熟すると萎んでいくようですが。熟したのを見たかったのですがこの後刈り取られました。
アヤメ(果実・種子)

アヤメ科アヤメ属

(7月17日撮影)
2021. 01. 24  
7月下旬の撮影、すっかり果実となっていたミズキ
ミズキ(果実)

本来は濃く熟しますがこれはまだ赤かった、白っぽいのも多く熟し始めたばかりのようです。
ミズキ(果実)

果柄も赤くなり始めています、黒塾すれば2色効果が出るんでしょうがこの時はまだまだ。
ミズキ(果実)

花柱が残っているのもありました、僅かに萼片も見えていますがクマノミズキはもっと萼片が目立つようです。
ミズキ(果実)

大きさは6,7mm、まるでリンゴのよう。
ミズキ(果実)

これが一番赤い状態、濃く熟したら種子(正確には核果)を見に来ようと思っていましたがその頃にはすっかり無くなっていた。鳥に人気があるんでしょうか。
ミズキ(果実)

ミズキ科ミズキ属

(7月26日撮影)
2021. 01. 23  
8月3日を撮った時に既に果実も出来ていたヤマニガナ、これは冠毛があまり開いていません。
ヤマニガナ(果実)

開いたのもありました、白いのは受粉しなかった粃、随分多い。
ヤマニガナ(果実)

痩果はハッキリした稜があり長さ4mm、幅2mm程、長さも長いですがこの仲間でこんな太い痩果を見たのは初めてでした、短く太い嘴もある。ぶれてしまったのが残念。
ヤマニガナ(果実)

冠毛は真っ直ぐ、逆向きの毛が生えているそうですがさすがに無理。
ヤマニガナ(果実)

キク科ヤマニガナ属

(8月3日撮影)
2021. 01. 22  
を撮ったのと同じ株のオオセンナリ、果実がなっていました。
オオセンナリ(果実・種子)

外側のは萼片で内側に球形の果実があります、大きさ1cm程、先端に雌しべの跡が残っていてまるで栓をしているようです。
オオセンナリ(果実・種子)

種子の大きさは2mm程、片側がやや窪んだほぼ円形。
オオセンナリ(果実・種子)

微細な凹凸が目立ちます。
オオセンナリ(果実・種子)

まるで碁石のよう、多少厚みがあります。果実の中でもこのように重なって並んでいるんでしょうね。
オオセンナリ(果実・種子)

ナス科オオセンナリ属

(8月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR