2021. 02. 14  
やっと咲いていたカラスノエンドウ、一昨年同じ場所で1月11日に咲いていたから随分遅いと思いましたが他の年のを見てみるとそれ程遅かったわけでもなさそうです。
カラスノエンドウ

幾つも咲いていたから2月初めには咲いていたでしょうか。
カラスノエンドウ

2つペアで咲くことが多い。
カラスノエンドウ

大きな旗弁に紅紫色の翼弁、竜骨弁は小さく目立たない。
カラスノエンドウ

翼弁には濃い線状の筋が入る。
カラスノエンドウ

葉の先端は3本に分岐した巻きひげになります、これは葉が変化したもの。
カラスノエンドウ

何事にも例外はあるものでこれは2本2本。
カラスノエンドウ

葉の裏には毛が多い、春先だけなんでしょうか。葉の先端が凹むことからヤハズエンドウ、植物学的にはこちらの方が正式名称のようです。
カラスノエンドウ

葉の付け根に托葉があり黒紫色のは花外蜜腺、蜜が出ているようで水気が溢れています。
カラスノエンドウ

早速蟻がやってきています、右側のは頭の位置からして蜜を狙っているようです、左側の托葉裏にも蟻がいる。
カラスノエンドウ

マメ科ソラマメ属

(2月11日撮影)
2021. 02. 14  
セメント舗装の隙間に生えていたミチタネツケバナ、この仲間は数が多いですが根生葉込みで考えるとこれが一番好きです。
ミチタネツケバナ

根生葉の中心から真っ直ぐ茎を伸ばす、もう少し花が咲いていればもっとよかったんですが。既に果実が出来ていますが茎からあまり開いていないのが特徴、タネツケバナはもっと開く。
ミチタネツケバナ

アブラナ科らしい十字花、でもこの仲間は十字と言うより上下というか左右に2枚づつです。
ミチタネツケバナ

普通雄しべは4本だそうですがこれは5本あります、タネツケバナは6本。
ミチタネツケバナ

隣の花もやはり5本、例外も多いので雄しべの数だけでは判断できません。
ミチタネツケバナ

この辺りは同じような根生葉が幾つもありました、右下にカタバミが見えていますが根生葉の下では他の芽生えは成長できないだろうな、地面の占居屋(笑)
ミチタネツケバナ

これも花の数がまだ少なく、でももう果実が出来ています。
ミチタネツケバナ

わかりにくいけど雄しべは5本のようです。扁平な柱頭周りに毛が生えている。
ミチタネツケバナ

アブラナ科タネツケバナ属

(2月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2021年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR