2021. 02. 15  
セメントの隙間に生えていたアメリカフウロ、ロゼット状の根生葉は多く見かけましたが花を咲かせていたのはこれだけでした。
アメリカフウロ

径1cm程の花、可愛いけど増えすぎているから殆ど雑草扱いですね。右側のは多分果実じゃなく蕾。
アメリカフウロ

柱頭は5裂、その周りに雄しべの葯がある、花粉は出てないようです、雌性先熟でしょうか。
アメリカフウロ

雄しべは10本、花糸の下部が太く毛が生えている。
アメリカフウロ

横から見ると蕊は花冠からあまり突き出ていません、雄しべと雌しべが離れる工夫もなさそうだからやはり時期をずらして自家受粉を防いでいるんでしょうか。
アメリカフウロ

如何にも葉が進化して出来たような萼片、先端が棒状になっている、毛が随分生えている。
アメリカフウロ

もう一つ咲いていました、こちらも柱頭5裂、葯も全く未熟なのがわかります。
アメリカフウロ

葉もなかなか可愛い、円形で3-5深裂、裂片が更に裂ける。
アメリカフウロ

フウロソウ科フウロソウ属

(2月11日撮影)
2021. 02. 15  
ノゲシはあちこちでパラパラと咲いていましたがこれはウスジロノゲシ
ウスジロノゲシ

シロバナタンポポと同様周辺部の舌状花が白い、全て白よりこちらの方がアクセントがあって綺麗かも。
ウスジロノゲシ

舌状花の白がぼやけていることも多いがこれはクッキリハッキリで綺麗でした。
ウスジロノゲシ

太い大きな総苞には棘のような毛が生えている。
ウスジロノゲシ

人が殆ど通らないような裏の小路に咲いていました。
ウスジロノゲシ

キク科ノゲシ属

(2月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2021年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR