2021. 02. 17  
前回とは別の場所、以前はここで3ヶ所で生えていましたが今はこの一ヶ所だけ、それも目を凝らしてやっと見つけました。
イヌノフグリ

やや明るい葉がイヌノフグリ、毛の多いのはフラサバソウ、赤い茎のはイヌコハコベです。
イヌノフグリ

前回はあまり開いてなかったですがこれでほぼ全開状態でしょうか、花粉を出した葯が内側を向いています。
イヌノフグリ

花弁には細かな毛が生えているようです、奥の方には少し長い毛が生えている。
イヌノフグリ

近くにも幾つか花が咲いていました。
イヌノフグリ

あまり開いていませんが葯が柱頭に接触、自家受粉しているようです。
イヌノフグリ

こちらは前回の場所、もっと多く咲いているかと思いましたがまだそれ程ではありませんでした。
イヌノフグリ

コハコベやホトケノザに囲まれて頑張ってます。
イヌノフグリ

花粉を出した三角形の葯、やはり内向き。
イヌノフグリ

前の写真では花糸は真っ直ぐでしたがこれは曲がって柱頭に接触、自家受粉しています。
イヌノフグリ

これは雌しべが見当たりません、落ちた花かもしれない。
イヌノフグリ

花は丸ごと落花、雄しべは花弁に付いているのでそのまま落ちますが雌しべは本体に残ります、これで大きさ4mm程。
イヌノフグリ

オオバコ科クワガタソウ属

(2月11日撮影)
2021. 02. 17  
1月5日に撮ったヒメウズは一つしか咲いていなかったので同じ場所で撮り直してきました。
ヒメウズ

もう一月以上経っていたのでそこそこ咲いてはいたがまだ全般に少なかった。
ヒメウズ

下向きに咲く花、花粉が雨で流されないようにするだけでなく昆虫の選別も行っているようです。
ヒメウズ

花の基部の小さな膨らみは距です。
ヒメウズ

花柄には随分毛が多い、腺毛も混じっています。
ヒメウズ

外側の白いのが萼片で中の黄緑色のが花弁、柱頭これは3裂、雄しべは9-14本だそうだがあまり外に出てこないので数えにくい。
ヒメウズ

これは柱頭5裂かな、雄しべから花粉が出ている。
ヒメウズ

こちらは柱頭4裂、子房が伸び始めているようで雄しべの葯は落ちたのかあまり見られません。
ヒメウズ

これは子房が大分伸びてきています、柱頭が大分曲がっている。
ヒメウズ

未熟な果実も出来ていました、これは4分果、曲がった柱頭がまだ残っている。
ヒメウズ

3出複葉の葉、小葉は更に中深裂しています、特徴的な葉なので花が咲いてなくてもわかりやすい。
ヒメウズ

キンポウゲ科ヒメウズ属

(2月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2021年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR