2021. 03. 08  
観賞用に導入されたのが逸出して野生化しているのをよく見かけるオオキバナカタバミ、今まではその他大勢で撮ったことはありますがこれに絞って撮ったことはなかったので撮ってみました。
オオキバナカタバミ

こちらでは一面にはを広げて場所を独占しています、その割に咲いている花は少なかった。
オオキバナカタバミ

径3,4cmの花、これだけ何故か日影で撮ってしまった。
オオキバナカタバミ

横から見るとロート状
オオキバナカタバミ

花の奥に橙色の葯を持った雄しべが見えている、花弁下部に筋があるがウマノアシガタのに似ていてこれも蜜腺なのかもしれない。
オオキバナカタバミ

花弁をカットしてみました、雄しべは5本づつ長短2組ありました、内側のが長く外側のが短いそうです。
オオキバナカタバミ

更に下に緑色の雌しべが見えています、5本あり柱頭は突起があるようだ、果実は殆どできないそうです。
オオキバナカタバミ

花弁や萼片外側に毛が生えている、腺毛もあるようです、萼片先端に橙色の斑紋がある。
オオキバナカタバミ

お馴染みの3小葉、紫褐色の反転が多数あり縁に毛が生えている。
オオキバナカタバミ

カタバミ科カタバミ属

(2月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR