2021. 04. 01  
花期の長いニョイスミレ、昨年は11月中旬に咲いていたし冬でも咲いていることがあるし5月頃まで咲いています。別名ツボスミレ
ニョイスミレ

スミレ属としては小型の花、スミレの仲間は区別が難しいのが多いがこれは分かりやすい。よく似たアギスミレがあるが私の行動範囲ではまず見られないのではなから除外(笑)
ニョイスミレ

白い花なので下唇の紫色の筋が凄く目立ちます、側弁は有毛。淡紅色の花もあるようですが見たことはない。
ニョイスミレ

距は太く短い。
ニョイスミレ

葉身は丸みを帯びた心形、花後には葉の切れ込みが大きく湾入しブーメランのようになることもありますがアギスミレほど極端にはなりません。
ニョイスミレ

おまけ、傍にあったコスミレの葉、葉身だけで5cmくらいあります、比較の為ヤブツバキの花を置いてみたので大きさを想像してみてください。
コスミレ

スミレ科スミレ属

(3月23日撮影)
2021. 04. 01  
斜面に咲いていたスミレ、葉はタチツボスミレかと思いましたがそれにしては花の色が濃い、鼻を近づけてみると匂いました、ニオイタチツボスミレでした、この公園で見るのは初めてかな。
ニオイタチツボスミレ

淡い色が多いタチツボスミレと比べて随分色が濃い、花弁が丸く重なることが多いそうですがこれは重なりすぎ。
ニオイタチツボスミレ

下唇奥の白地の部分と手前の紫の部分の境目がクッキリ、これは主観の問題で悩むのもありますが。
ニオイタチツボスミレ

側弁は無毛、花柱は棍棒型で先端が下向きに曲がる。
ニオイタチツボスミレ

同じ公園内、舗装の隙間に生えていたこれ、花の色がそれ程濃くなく普通にタチツボスミレかと思ったのですが
ニオイタチツボスミレ

鼻を近づけてみると芳香が漂いました、ニオイタチツボスミレのようでした。前のより花弁の色がやや薄い、下唇の模様はクッキリと言えばクッキリ、花の色は幅があるようです、中には匂わないのもあるとか。
ニオイタチツボスミレ

花茎に短毛がはえるのが無毛のタチツボスミレとの一番の違い、距はやや太め、これは先端が誰かに齧られているような。
ニオイタチツボスミレ

托葉は櫛歯状、これはタチツボ系共通
ニオイタチツボスミレ

日が当たっていれば良かったんですけどね。公園内だけど殆ど人が通らない場所でひっそり咲いていました。
ニオイタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(3月23日撮影)
2021. 04. 01  
舗装の隙間に生えていた白いスミレの仲間、葉の形からしてこれはもうアリアケスミレ、スミレはこのような場所でよく生えていますがこれも時折見かけます。
アリアケスミレ

色は白っぽいのから濃いのまで随分幅があるようですが今まで見てきたのはこのような白系のが多い。
アリアケスミレ

白っぽいので下唇の紫色の筋が目立ちます。側弁は有毛、上弁にも毛が生えている。柱頭はカマキリの頭形だがこれはハッキリ見えていない。
アリアケスミレ

元々距は太く短いがこれは殆ど見えていない。
アリアケスミレ

スミレに似た細長い葉、スミレ属全体としてはこのような葉は少数派です。
アリアケスミレ

スミレ科スミレ属

(3月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR