2021. 04. 06  
公園の草むらで見かけた赤い花、去年まではここでこんな赤い花を見かけたことはなかったから今年咲いたのは確実。
シレネ・プセウドアトキオン

ナデシコ科なのはわかります、これは最近ブロ友さんとこで見かけお尋ね掲示板でもなにかと話題になっていた厄介者じゃないか(^^;)
シレネ・プセウドアトキオン

花筒部分が細いからサクラマンテマやフクロナデシコではなさそう、花弁先端も窪んでいません。
シレネ・プセウドアトキオン

茎上部で2又分岐
シレネ・プセウドアトキオン

葉は楕円形で幅広い、等から一応シレネ・プセウドアトキオン(Silene pseudoatocion)と判断しましたがあってるかどうかはわからない(^^;)、あまり情報も出てこないので見た目で書いてます。
シレネ・プセウドアトキオン

咲き始めでしょうか、3本の柱頭が真っすぐ立っている。
シレネ・プセウドアトキオン

これはナデシコ科らしく渦を巻いている。
シレネ・プセウドアトキオン

花弁が4枚のもありました、雌しべは4本。
シレネ・プセウドアトキオン

雄しべは全く見当たらず、ナデシコ科なら雄性先熟なんですけどね。
シレネ・プセウドアトキオン

柱頭には細かな毛状突起があります、ナデシコ科なら当然
シレネ・プセウドアトキオン

萼筒には毛が多く腺毛が混じっている。
シレネ・プセウドアトキオン

花柄にも腺毛が多い、こんな情報はまず出てこない、検索もしてないけど(^^;)
シレネ・プセウドアトキオン

ナデシコ科マンテマ属

(3月23日撮影)
2021. 04. 06  
民家の近くで野生化しているスイセンの仲間。
ラッパスイセン

品種や園芸種レベルで数多くありしかも逸出しやすいのかあちこちで色んなタイプのが見られます。
ラッパスイセン

これは副花冠が大きいラッパスイセン、先端がフリルのようになっている。ラッパスイセンだけでも副花冠の大きさ、長さ、色など色んなタイプが見られます。
ラッパスイセン

検索の過程でカップスイセンなんてのもありましたが違いはよく分からず無視しようヾ(^^;)
ラッパスイセン

花柱の周りに葯が集まっている、柱頭は3裂で中央が窪んでいる。
ラッパスイセン

これは春の陽光に輝いていたので撮ってみる気になりました。
ラッパスイセン

単純に青空バックより芽吹き始めた樹木を背景にした方がいい感じで撮れました。
ラッパスイセン

ヒガンバナ科スイセン属

(3月23日撮影)
2021. 04. 06  
逸出野生化しているのをよく見かけるムスカリ、ムスカリ属は世界中で4,50種あるそうで日本でよく見かけるのはこの青色のタイプでルリムスカリというそうですがムスカリと言えばこのルリムスカリを指すことが多いようです。
ムスカリ

総状花序、下から咲いていくので上はまだ緑色の蕾。
ムスカリ

壺型の花、先端は浅く6裂し外側に反る、科を超えてこのような花はよく見かけるからやはり昆虫の訪問に好都合なんでしょうね。
ムスカリ

前の写真は中の蕊にはピントがあってませんがこちらは蕊にピントがあっているが花冠先端にはもうあってません、マクロは焦点深度が小さいのが悩み。
ムスカリ

カットしてみましたが小さいのでやりにくい、葯が内側を向いていますが自家受粉するのでしょうか。
ムスカリ

キジカクシ科ムスカリ属

(3月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR