2021. 05. 02  
ラショウモンカズラも割と多く咲いていた。
ラショウモンカズラ

ヤマブキソウとのツーショット
ラショウモンカズラ

花が大きい上に大きく口を開けているので撮りやすい、長毛が目立ちます。
ラショウモンカズラ

上唇に沿って長短2組の雄しべ、その間に2裂した柱頭が見えている。
ラショウモンカズラ

2室の葯、柱頭が2裂なのが分かるけどまだ十分開いてない。
ラショウモンカズラ

下唇中央裂片が特に大きい、淡紫色の斑紋が目立つけどそれ以上に長毛が目立つ。
ラショウモンカズラ

萼片にも毛が多い、茎にも下向きの毛が生えているようだ。
ラショウモンカズラ

シソ科ラショウモンカズラ属

(4月19日撮影)
2021. 05. 02  
逆立ちしたような花、色合いからてっきりジロボウエンゴサクかと思ったのですが
ヤマエンゴサク

苞葉先端が切れ込んでいます、ヤマエンゴサクでした。ジロボウエンゴサクは切れ込まない。
ヤマエンゴサク

光に透かしてみました、右側にまだ花柱が残った未熟な果実が見えています。
ヤマエンゴサク

これでも花弁は4枚、上下はまだ分かるけど左右は花弁とは感じない。
ヤマエンゴサク

距の先端に白く光っている部分が蜜でしょうか、それ程ないような。
ヤマエンゴサク

近くにもありましたが結局見つかったのはこれだけでした、右下のは多分シロバナネコノメソウ
ヤマエンゴサク

こちらは多少青っぽい。
ヤマエンゴサク

ここも逆立ちしている、やはり昆虫を選別しているんでしょうか。
ヤマエンゴサク

ケシ科キケマン属

(4月19日撮影)
2021. 05. 02  
割とたくさん咲いていたジュウニヒトエ
ジュウニヒトエ

川岸にも咲いていた、と言っても川面からは高さがありますが。
ジュウニヒトエ

身近では植栽されているセイヨウジュウニヒトエをよく見かけますがこちらは在来種、色がかなり淡い青紫色。
ジュウニヒトエ

上唇に沿って長短2組の雄しべが突き出る。
ジュウニヒトエ

横から見ると2裂した柱頭が見える。
ジュウニヒトエ

もう4つ目の怪獣としか見えない。
ジュウニヒトエ

葉が赤っぽいのがありました、葯も赤いけどまだ未熟なのでしょうか。
ジュウニヒトエ

さじ状の葉で波型の鋸歯がある、表面や裏にも毛が多い。
ジュウニヒトエ

茎や葉柄、蕾にも長毛が密生している。
ジュウニヒトエ

シソ科キランソウ属

(4月19日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR