2021. 05. 07  
復路で見つけたギンリョウソウ、柵の外側川側だったし小さく数も少ないから見逃していた。
ギンリョウソウ

前は崖なので柵に捕まりながらこわごわ撮影(^^;)
ギンリョウソウ

10株程咲いていましたがどれも背が低かった。
ギンリョウソウ

正面から見ると一つ目小僧
ギンリョウソウ

大きな柱頭の周りを黄色い葯が取り囲んでいます。
ギンリョウソウ
(4月20日撮影)

こちらは秋吉台のいつもの場所
ギンリョウソ<br>ウ

そこそこ咲いていましたがここもどれも背が低かった。
ギンリョウソウ

スリム美人
ギンリョウソウ

これはうつむいている、僅かに赤みがかかっています。
ギンリョウソウ

更に別の場所、去年見つけましたが今年も少ないながらも咲いていました、定着しているかな。
ギンリョウソウ
(4月21日撮影)

ツツジ科ギンリョウソウ属
2021. 05. 07  
水が染み出しているような岩場に生えていたチャルメルソウ
チャルメルソウ

コチャルメルソウを期待したのですがチャルメルソウでした、コチャルメルソウは花の数が7,8個と少ないとか。
チャルメルソウ

萼片が直立しているのも特徴、コチャルメルソウは平開する。
チャルメルソウ

赤く魚の骨のように見えているのが花弁、3-5裂、中には4裂のもあるようです、コチャルメルソウは7-9裂。
チャルメルソウ

花柱は2本で柱頭が更に2裂している。
チャルメルソウ

周りに5個の雄しべがあり花粉を出している。
チャルメルソウ

萼片には繊毛が生えている、花弁にも小さな突起がありますが腺毛のような。
チャルメルソウ

茎や花柄にも繊毛が生えている。
チャルメルソウ

広卵形の葉、基部は心形、表も裏も毛が多い。
チャルメルソウ

葉脈が赤くなっている、コチャルメルソウはそれ程赤くならないそうです。
チャルメルソウ

ユキノシタ科チャルメルソウ属

(4月20日撮影)
2021. 05. 07  
河原で多く咲いていたキシツツジ
キシツツジ

普段は水は被らないが時折増水して水没し高木が育たないような場所に生えるそうです。
キシツツジ

更に日当たりの良い場所も好む、なので狭い峡谷では育たないそうで長門峡はその点ぴったりな場所です。
キシツツジ

この時期白や黄色の花が多く赤紫色の木の花は目立ちました。
キシツツジ

上側の花弁に蜜標となる斑紋がある。
キシツツジ

蕊はみな上向きになっている、雄しべは10本、長短があるようです、よく似たモチツツジは5本、花柱は花糸と同じ色だがやや太い。
キシツツジ

柱頭は色が濃くやや膨らむ、裂けているようです。
キシツツジ

萼片には毛が多く腺毛が混じっているようです、茶色いのは苞でしょうか、これも毛が多い。
キシツツジ

葉は互生し枝先にまとまってつく、葉にも毛が多いようだ。
キシツツジ

ツツジ科ツツジ属

(4月20日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR