2021. 05. 09  
ミヤコアオイとタイリンアオイとの雑種ナガトカンアオイ、毎年この株を見ています、4年前始めて見た時よりは葉の数が増えているような。
ナガトカンアオイ

根元に沢山の花が咲いています、たくさん過ぎて却って特徴が撮りづらい。
ナガトカンアオイ

タイリンアオイの花は上向きですがこれはミヤコアオイと同様横を向いています(前の写真は花が多すぎて上を向いているのもあるけど)、ミヤコアオイにはない萼片下部の白い突起も見えています。。
ナガトカンアオイ

萼筒がミヤコアオイとタイリンアオイとの中間的大きさ、形
ナガトカンアオイ

近くにもう一株あります、葉の模様が全く違いますがこの仲間にはよくあること。
ナガトカンアオイ

これも花は横向きですが白い突起はそれ程目立ちません。
ナガトカンアオイ

やはり萼筒が中間的
ナガトカンアオイ

この場所には多くのタイリンアオイがあります、雑種があるからミヤコアオイもあって良さそうですが見つからず。
タイリンアオイ

花は上向き、白い突起は多いような。
タイリンアオイ

萼筒が球状でホント大きい、ナガトカンアオイとははっきり違います。
タイリンアオイ

これも葉の模様が違うがタイリンアオイ、上向きの花が見えている。
タイリンアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(4月21日撮影)
2021. 05. 09  
湿っぽい林縁などでよく見かけるタニギキョウ、普通に見られるので最近は撮影もちょっとおざなり(^^;)
タニギキョウ

9時ころの撮影、夜の間は閉じるんでしょうか半開きの花が多かった。
タニギキョウ

花冠は5深裂、柱頭は3裂
タニギキョウ

花はロート型、花冠の間から柱頭が見えています、突き出ることはない。
タニギキョウ

卵円形の葉、粗い鋸歯がある、表面に短毛が散生。
タニギキョウ

花の特徴を撮った後は花冠の裂け方が違うのを探します、既に6裂のが幾つも見えています。
タニギキョウ

6裂するのは割と見かけます、この日はこれ以上のは見つからず。
タニギキョウ

これも6裂ですが一つが細い。
タニギキョウ

一見3裂のように見えますが2枚づつくっついているようです、離れることはあるんでしょうか。
タニギキョウ

キキョウ科タニギキョウ属

(4月21日撮影)
2021. 05. 09  
今年初めての秋吉台、昨年はコロナで出遅れましたが今年はパソコンが壊れるなど更に出遅れました。
この辺りに割と多く生えているオオアリドオシ、どれも50cm程度の小低木です。
オオアリドオシ

まだ蕾が多かったですが咲いているのがありました。時には蕾を全くつけない木もありますが今年は割と多く蕾を付けていました。
オオアリドオシ

花冠が4裂、雄しべより長い雌しべが出ています、雄しべの葯は内向きのようです、やはり前日見た仲間のジュズネノキとそっくり。
オオアリドオシ

柱頭が4裂しているのが分かります。
オオアリドオシ

蕾の頃正面から見ると四角い、はっきり切れ目があります。
オオアリドオシ

一つだけだけどまだ昨年の果実が残っていました。
オオアリドオシ

葉より棘が半分以下と短いのがオオの特徴、これはだいぶ短い。
オオアリドオシ

葉は対生ですが大小の葉が交互に並びます。
オオアリドオシ

アカネ科アリドオシ属

(4月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR