2021. 05. 12  
久しぶりに撮ってみたベニバナヤマシャクヤク、ここは割と知られているのとは別の場所、年によって花を咲かせないこともあります。
ベニバナヤマシャクヤク

何株かありましたが花を咲かせているのはこれだけでした、他は蕾さえ見られず。
ベニバナヤマシャクヤク

元々あまり開きませんが隙間から黄色い葯が見えています、昼前の撮影なので午後には開いたでしょうか。
ベニバナヤマシャクヤク

せっかくなのでヤマシャクヤクにも来てみましたがすっかり終わっていた。
ヤマシャクヤク(果実)

株はそこそこあるのですが果実は5,6個程度、株自体も小さいのが多く年々開く花が少なくなっています。
ヤマシャクヤク(果実)

これも別の場所に来てみました、こちらもすっかり終わっていた。
ヤマシャクヤク(果実)

未熟な果実、赤く熟すようなのでそれを見てみたい。
ヤマシャクヤク(果実)

ボタン科ボタン属

(5月3日撮影)
2021. 05. 12  
薄暗い林内に咲いていたサワハコベ、まだ時期が早いのか数は少なかった。
サワハコベ

花茎が随分曲がっています、葉の表面に毛が散生している。
サワハコベ

ミヤマハコベと同じような環境に生えますがこちらは花弁が浅中裂なのにたいしてあちらは深裂し花弁が10枚のように見えます、それ以上に花の大きさが違う、これは特に小さい感じで1cmもなかった。花柱は3本、雄しべは10本、葯は落ちているし花柱が随分伸びているので雌性期の花のようです。
サワハコベ

ミヤマは萼片が有毛なのに対してこちらは無毛、数本生えているように見えますがこの程度では無毛でいいんだろうな。
サワハコベ

花弁が4枚のがありました、何故かこういうのはよく目に入る、花柱は3本だが雄しべは8本、葯がついているが4本、無いのが4本、落ちたのか初めから無かったのか。
サワハコベ

ナデシコ科ハコベ属

(5月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR