2021. 05. 19  
大群生していたチョウジソウ、以前のこの辺りに生えていましたがここまでのことはなかった、以前は右手前が藪や林になっていてそれが切られた影響でしょうか。
チョウジソウ

以前は背後の林の中に群生していました、半日陰を好むそうですが日当たりの良い場所でも生えるそうです。
チョウジソウ

以前も林の中ではある程度まとまって生えていましたがここまで大きくまとまることはなかった。
チョウジソウ

茎頂部に集散花序をつける。
チョウジソウ

花冠上部は細長く5裂する、左に蕾が見えていますがまるでドリル。
チョウジソウ

花筒内部は毛が密生、これを突破できる虫だけ内部の蜜を吸える。
チョウジソウ

花を横から見た姿が漢字の丁に似ているから丁字草、このような咲き方をするのは他にもあり丁字咲きと言いますが名前は早いもの勝ちか。
チョウジソウ

葉はキョウチクトウに似る、キョウチクトウ科だから当然だけど。これでも十分細い葉ですが北米原産のホソバチョウジソウやヤナギバチョウジソウがチョウジソウの名前で売られています、多分もっとほそいんだろうな。チョウジソウ自体は各地で絶滅危惧種に指定されています。
チョウジソウ

キョウチクトウ科チョウジソウ属

(5月3日撮影)
2021. 05. 19  
暗い林内に咲くイメージが有るホウチャクソウですが台地上でも所々で見かけます。
ホウチャクソウ

オオキヌタソウとのツーショット
ホウチャクソウ

キジカクシとのツーショット、花は咲いてないけど。
ホウチャクソウ

ナルコユリと似ていると言われますが(あまり似ているとも思わないけど)花被片が合着していないのが決定的な違い。
ホウチャクソウ

こちらは林内、かなり湿っぽい場所です。
ホウチャクソウ

林縁に近い場所だったので青空バック。
ホウチャクソウ

花被片の半分をとってみました、合着してないのでとりやすい。
ホウチャクソウ

花柱は先端で3裂、雄しべとほぼ同長。
ホウチャクソウ

花糸基部には細かな突起がある、緑色に見えているのが子房、まだ果実は撮ってなかった。
ホウチャクソウ

イヌサフラン科ホウチャクソウ属

(5月3日撮影)
2021. 05. 19  
台地の上に生えているオオキヌタソウ、台地上の野草は大半が遊歩道や山道沿いに咲いていますがこれは例外、元々数が少ないからここ以外もあるんでしょうが偶然見つける以外なさそう。
オオキヌタソウ

アカネと似ていますが咲く季節が全く違うKら間違えることはないでしょう。
オオキヌタソウ

まだ蕾が多く咲き始めたばかりのようです、この周りに何株かありましたがどれも蕾ばかりでした。
オオキヌタソウ

アカネより一回り大きく4,5mm程、5本の雄しべ、2裂した柱頭があります。上は開き始めた蕾、まだ先端が内側に曲がっている。
オオキヌタソウ

4輪生する葉だけど2枚は托葉、短いが葉柄がある、キヌタソウは無柄で属も違いヤエムグラ属。
オオキヌタソウ

アカネ科アカネ属

(5月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR