2021. 05. 20  
台地上で多く見かけるタツナミソウに比べて林道や林縁でよく見かけるツクシタツナミソウ、場所や葉の色形などで判断しています。
ツクシタツナミソウ

これは花の数が6つと少ない。
ツクシタツナミソウ

背後の赤い花はヤマツツジ
ツクシタツナミソウ

こちらは僅かに2つしかない。
ツクシタツナミソウ

これは13個、やはりこれくらいないとね。
ツクシタツナミソウ

花の奥に赤いものが見えていますがアリのようです、こんなのがいると他の昆虫が寄ってこない。
ツクシタツナミソウ

花筒外側や茎に毛が生えている、萼片上部に丸い膨らみがありますがどんな役割があるんでしょう。
ツクシタツナミソウ

葉は長三角状卵形、タツナミソウより長く大きい。
ツクシタツナミソウ

葉の裏は紫がかっている。
ツクシタツナミソウ

でも普通に緑色のもあります、表も緑色、葉の裏の色だけではシソバタツナミソウと判断できないだろうな。
ツクシタツナミソウ

シソ科タツナミソウ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 20  
日の全く当たらない岩場に咲いていたユキノシタ、先週来た時は蕾だったのでそろそろ咲いているかなと思いましたが2つだけだった、2つ咲いていれば十分だけど。
ユキノシタ

ユキと名がつくくらいだから白い花のイメージですが上3枚の花弁はかなりカラフル
ユキノシタ

薄赤色の花弁に濃い紅斑、更に下部には黄斑がある、半円状のティアラのようなのは花盤、濡れているように見えるので蜜が出ているようです。
ユキノシタ

子房から2本の長い花柱が出ている。
ユキノシタ

花盤を横から見ると結構凸凹している。
ユキノシタ

下側2枚の花弁は葉の名残のような筋模様がある。
ユキノシタ

花柄には腺毛が多数、下部が白く上部がやや赤く先端が丸くとこれも綺麗。
ユキノシタ

茎にも開出毛と腺毛、付け根の葉は苞葉でしょうか。
ユキノシタ

茎下部の毛は長くなっているけど腺毛はなさそうです。
ユキノシタ

腎円形の葉、これだけでも観葉植物としていけそう。
ユキノシタ

ユキノシタ科ユキノシタ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 20  
道端に咲いているハナウド、これはまだ背が低く上から撮ることができました、それでも花盛り、周りにも幾つもありましたがまだ蕾のが多かった。
ハナウド

複数の花序が集まった複散形花序
ハナウド

一つの花序は周辺から咲き始める、花序自体も周辺から先に咲き始める。
ハナウド

一つの花も内側より外側の方が大きくなる、このような入れ子構造の花が好み。中央に2本の花柱が見えていますがまだ開いていない。
ハナウド

雄しべが毛のように突き出ている。
ハナウド

葉の縁に水滴、これは朝露ではなく夜の間に溜まった水分を排出しています。
ハナウド

小総苞先端にも水滴
ハナウド

毛が生えている部分に水滴が付いてないからこれも朝露ではなく排出している水分でしょうか。
ハナウド
(5月3日撮影)

6日後もう一度来てみたらこれは別株ですがもう人の背丈程伸びていました。
ハナウド
(5月9日撮影)

更に後日、別の場所、イタドリの群落の中から生えています。
ハナウド

花序は普通それ程盛り上がらないのですがこれは半球状になっていました。
ハナウド

花もうっすらピンク色、蕾の頃ははっきりピンク色ですが開いた花もうっすら色が残っています。
ハナウド

約もだいぶ赤い。
ハナウド
(5月14日撮影)

セリ科ハナウド属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR