2021. 05. 21  
開花確認したこの株、その時はまだ殆ど開いていなかったので一週間後もう一度来てみたらだいぶ開いていました、でもまだ上部は蕾のがある。
サイハイラン

開いていると言ってもこれが精一杯
サイハイラン

でも赤い唇弁に黄色い蕊柱が目立ちます。
サイハイラン

蕊柱ドアップ、唇弁先端は3裂、中央部に白い膨らみがある。
サイハイラン

正面から、蕊柱左右のが側花弁で上が背萼片、左右下のが側萼片とランの基本構造を持っている。
サイハイラン

更にドアップ、これに斑紋でもあったら人の顔に見えるだろうな。
サイハイラン

ラン科の花にしては大型ですが横から見ると割と地味です。
サイハイラン

葉は基本的には1枚だけ。
サイハイラン

こちらは別の場所、決して多くはないですが背が高くて目立つので割と目にします。
サイハイラン
(5月9日撮影)

更に後日別の場所、ここは殆ど人が来なくて私の秘密の花園(笑)、花園という程花は多くないですが。
サイハイラン

側の葉はヒロハクリハラン、ランと名がついていますがシダです。
サイハイラン

ここに咲いているのは知っていましたがこんなに多く咲いているとは思いませんでした。
サイハイラン

左上のはヤマアイ、右のはニョイスミレ、どちらも花は終わっています。
サイハイラン

これは葉が見当たらなかった、この先まだ咲いていましたがさすがに打ち止め。
サイハイラン
(5月9日撮影)

ラン科サイハイラン属
2021. 05. 21  
これもいつもの場所のアリドオシ、オオアリドオシは割とあちこちで見ていますがこれは今のとこここだけ。
アリドオシ

例年5月の連休前後に咲いて時には連休明けには散っていることもあるのですが今年は遅かったのかまだきれいに咲いていて落ちている花も少なかった。
アリドオシ

花冠は4裂、4裂した柱頭、雄しべは4本とオール4
アリドオシ

花筒内部には毛が密生している。
アリドオシ

まだ去年の果実が残っています、食べるのは鳥でしょうが棘が邪魔になるかな。
アリドオシ

花の跡が窪みとなって残っている、その周りの棘状のは萼片の跡、すぐ上には今年の蕾、その左は花冠が落ちて花柱だけが残っている、基部に子房が見えているがこんなに大きくなるんだ。
アリドオシ

棘は葉と同長か長いそうだがここのはせいぜい同長かそれより短い、それでもオオアリドオシより長い。対生する葉は交互に大小があります。
アリドオシ

アカネ科アリドオシ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 21  
いつもの場所のヒレハリソウ、常緑ではないだろうに5月上旬なのにもう大きく育っています。
ヒレハリソウ

花期も6-8月だというのに花も多く既に散っているのもある。
ヒレハリソウ

白い花筒と淡紫色の花冠と2段構造、雌しべの先端が僅かに花冠から突き出る。
ヒレハリソウ

下から覗くと花柱の周りを雄しべの葯が取り囲む、下の花は開き始め、おちょぼ口が開いている。
ヒレハリソウ

長い花柱、先端に小さく丸い柱頭、萼片や花柄に毛が多い。
ヒレハリソウ

花冠は丸ごと落ちる、中に雄しべが入っているんだろうな、カットすればよかった。
ヒレハリソウ

葉の下部は翼になり茎に流れる、左のは花柄だろうな、これも毛が多い。
ヒレハリソウ

ムラサキ科ヒレハリソウ属

(5月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR