2021. 05. 22  
始めて見た時はこの辺りに数株あったコジキイチゴ、今年はこの一株だけでした、同じ場所に長く生えてこないそうで来年はどうなるか。
コジキイチゴ

花自体は他のキイチゴ属とあまり変わらず、これも花弁の隙間が多く萼片が見えています。
コジキイチゴ

やはり一番の特徴はこの赤い腺毛、これがなければ多分ここに撮りに来ないかも。
コジキイチゴ

逆光で見ると更に綺麗、しかしここまで密生させる必要があるのか。
コジキイチゴ

蕾や花柄にも赤い腺毛が生える。
コジキイチゴ

萼が開いても腺毛がまだ十分残っています。
コジキイチゴ

大きな棘があるのですが長い腺毛に埋もれて目立ちません。
コジキイチゴ

茎の下の方では腺毛が少なく普通に長毛が多くなっています。
コジキイチゴ

バラ科キイチゴ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 22  
コジキイチゴの側に生えていたキイチゴの仲間、葉の形などからクマイチゴのようです。秋吉台では多いわけでもないが場所を覚えるほど少ないわけでもなくほぼいきあたりばったりで見ているので毎年見かけてはいない。
クマイチゴ

5枚の花弁は隙間が大きく背後の萼片が丸見えです。
クマイチゴ

多数の雄しべが雌しべを取り囲んでいる、円筒状になっていますが周囲のは開き始めています。
クマイチゴ

萼片の内側と淵に軟毛が密生する。
クマイチゴ

葉は広卵形で掌状に3-5裂する、大きく裂けていると広卵形とか全体の形がわかりにくい。
クマイチゴ

葉の裏にも軟毛が密生、わかりにくいが葉脈上に棘が生えている。
クマイチゴ

葉柄には下向きの棘、痛いということはないがよく引っかかります。
クマイチゴ

茎にも棘、こちらは特に下向きではないようです。
クマイチゴ

バラ科キイチゴ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 22  
植栽だけどほぼ放置状態のオランダイチゴ、ハート形の葉はドクダミ、こんなのが生えているくらいだから放置しているのが分かります。枯れ木も山の賑わいと思い撮ってみました。
オランダイチゴ

長い花柄を伸ばして花を咲かせています。
オランダイチゴ

茎の途中にあるのは苞葉でしょうか、上下で色が違うからこの上が花柄で下は茎なのかもしれない。
オランダイチゴ

鮮やかな赤い花弁、朝日に当たってとても綺麗でした、これで撮る気になった。
オランダイチゴ

ここのはどれもこの色でしたが白から濃い赤まで幅があるよです。
オランダイチゴ

多数の雄しべに囲まれた半球状の多数の雄しべ、葯は内側を向いています。
オランダイチゴ

萼片と副萼片はほぼ同じ大きさ、キジムシロに似ています、こちらの果実は赤く熟すようです。
オランダイチゴ

粗い鋸歯のある3小葉、花に比べてだいぶ大きい。
オランダイチゴ

バラ科オランダイチゴ属

(5月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR