2021. 05. 23  
日当たりの良い草地に咲いているコキンバイザサ、先週見学会の時も見つけましたが流石にその時は取る余裕もなく一番確実なこの場所に来てみました、10個程咲いていました。
コキンバイザサ

草に埋もれるように咲くので見つけづらい、周囲に見えている線形のが葉ですが特徴があまりないので花が咲いていないとわかりません。
コキンバイザサ

6枚の花弁が平開、多少大小があります、雄しべも6本、雌しべは1本、1日花でしょうか1時間後には既に閉じ始めている花もありました。
コキンバイザサ

花弁先端に白い長毛が生えている。
コキンバイザサ

花弁裏側や子房にも毛が密生、右側のが葉ですがこれにも長毛が生えている。
コキンバイザサ

花の奥が滲んでいるように見えるので蜜が出ているようです、柱頭はあまり膨らまないようだ。花を確認するのも難しいから果実は未熟なのでもまだ見たことがない。
コキンバイザサ

キンバイザサ科コキンバイザサ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 23  
川縁の土手に咲いていたアヤメ属の花、カキツバタだなと直感しました。周りにスイバ、ノビル、オヤブジラミが生えています。
カキツバタ

近寄ってみるとやはりカキツバタでした、この辺りで時折見かけます、アヤメ属の中では一番湿っぽい場所に生えるそうです。昆虫が訪問していたけどシリアゲムシの仲間かな。
カキツバタ

アヤメと比べると外花被片がほっそり、これは特にホッソリしているように感じます。
カキツバタ

立ち上がっているのが内花被片
カキツバタ

外花被片の基部に細い斑紋があるのが特徴、カキツバタは白か淡黄色、ノハナショウブは黄色だそうですがこれはだいぶ黄色い、でもノハナショウブは花被片の色が濃い赤紫色なのに対してこれは淡い青紫色に見えるからやはりカキツバタでしょうか。
カキツバタ

これが雌しべ、途中に括れがあるからその下が花柱で上が柱頭なんでしょうか。
カキツバタ

柱頭は2裂し更に先端が裂ける。
カキツバタ

柱頭を持ち上げて雄しべを拝見、ピントが合ってないがまだ未熟なのかな、花糸が幅広く湾曲しているのがわかります。
カキツバタ

アヤメ科アヤメ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 23  
日が1日中当たらない建物の陰に咲いていたハルジオン
ハルジオン

直ぐ側には日が当たる場所があるけどそちらには全く見当たらず、まーこの子にはこの子の事情がある。
ハルジオン

舌状花が糸のように細く数が多いのでこれはハルジオン
ハルジオン

色の白いのからピンク色の間で様々、右の開きかけのは更に色が濃い。
ハルジオン

中央の筒状花は周辺から咲き始める、葯筒から花粉が押し出されているが2裂した柱頭は見えていない、更に周囲に小さな2裂した柱頭が見えていますがそれは舌状花のもの。
ハルジオン

蕾の頃項垂れるように下向きになるのも特徴
ハルジオン

葉の基部が半ば茎を抱くのも特徴
ハルジオン

すぐ近くにあったこれも当然ハルジオンだと思いましたが
ハルジオン

舌状花がやや幅広いような、かと言ってヒメジョオン程ではないし数も多いので悩みました。
ハルジオン

蕾が項垂れていない、ヒメジョオンか。
ハルジオン

でも葉の基部が半ば茎を抱いています、やはりハルジオンでした。茎を切れば忠実か中空かでもっとはっきりするんですが近頃はそこまでしなくてもいいな。
ハルジオン

キク科ムカシヨモギ属

(5月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR