2021. 05. 24  
これも畑の側に生えていたミゾコウジュ、土起こしなければ背後の畑に群生するんですが。
ミゾコウジュ

分かりにくいですが畑と草むらの境界に線状に生えていました、畑の方は当然ですが草むらの方も競争力が弱くて生えてこれないんでしょうか。
ミゾコウジュ

まだ咲き始めたばかり、開いている花は少なかった。
ミゾコウジュ

赤い萼筒から青紫の花冠が出ています、全体に短毛と腺毛が多い、キラッと光っているように見えるのが腺毛でしょうか。
ミゾコウジュ

正面から見ると三角状、上唇に沿って2本の雄しべ、黄色い葯が見えている、花の奥に三角状に見えているのがもう一組の雄しべ、左右に角のように伸びているの花糸ですが葯はなく仮雄しべ的です。同属のキバナアキギリなら分かりやすいがさすがにこれは小さすぎる。
ミゾコウジュ

奥の花、上唇下側に丸まっているように見えるのが雌しべのようです。
ミゾコウジュ

茎は四角く毛が多い、特に稜の部分に毛が多いようです。
ミゾコウジュ

シソ科アキギリ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 24  
土起こしされた畑の側に咲いていたキツネアザミ、この周囲にたくさん咲いていました、土起こしされなければ内側でもたくさん咲いているんですけどね。ここは田んぼになったことはありません。
キツネアザミ

上部で枝分かれして先端に頭花をつける。
キツネアザミ

ピンクとも言えないちょっと独特な色合い、花自体は悪くないけどキツネのイメージがね。
キツネアザミ

筒状花だけの花だけど長く伸びるのでモコモコした感じで出てきます。
キツネアザミ

柱頭がクルリン、あまり花粉がついている様子はない。
キツネアザミ

総苞外片には明瞭な突起がある、これは一部のタンポポ属でも見られます。
キツネアザミ

茎葉は羽状に深裂、花期には根生葉はないそうですが藪なので確認できない。
キツネアザミ

キク科キツネアザミ属

(5月9日撮影)
2021. 05. 24  
耕作前の田んぼ脇に咲いていたモモイロシロツメクサ
モモイロシロツメクサ

色が違うだけの品種レベルの違い、モモイロツメクサとも言うが検索するとその方が遥かに多い。でもツメクサと異えば全く別の植物があるからあまり適当でない気もします。
モモイロシロツメクサ

赤とも白ともつかない正直中途半端な色
モモイロシロツメクサ

かなり色の濃いのもありました。
モモイロシロツメクサ

花序の下に苞葉がないからアカツメクサではなくシロツメクサです。アカツメクサも白花があるからややこしい。
モモイロシロツメクサ

3小葉の葉には白い斑紋がありリング状になっている。四つ葉のクローバーはなかった。
モモイロシロツメクサ

マメ科シャジクソウ属

(5月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR