2021. 08. 04  
秋吉台を離れて湿地巡りをしてきました、初めての花は一つだけでしたが久しぶりの花もありなかなか楽しかった。でもこの日は気温35°、何時もの秋吉台と比べて歩行数は半分くらいでしたが少々バテた。
初めてのコモウセンゴケ、赤い根生葉に白い花を咲かせています。日当たりの良い湿地に生える、ここがまさしくそうでした、しかも日差しの強い午前中だけ花を咲かせる、この日がまさしくそうでした。
コモウセンゴケ

ここは花崗岩が風化してできた真砂土、痩せた土地でこれ以外の野草はあまり生えていませんでした、常緑だが冬に葉が赤くなるそうですがここは夏でもこの状態、緑になることはあるのかな。
コモウセンゴケ

地面に広げた小さな根生葉から長い茎を伸ばしています、科は全く違うけどヒメナズナに似ています、花は本来淡紅色ですが西日本では白花が多くシロバナコモウセンゴケと呼ばれています。
コモウセンゴケ

普通一つの根生葉から1本の茎が出るようですが2本出ているのもありました。
コモウセンゴケ

所謂サソリ型花序、最高部にある一つだけ花を咲かせます、右側は花後、左は蕾です。
コモウセンゴケ

真っ白な5弁花、大きさは5,6mmくらいでモウセンゴケより大きい、全体が小さいからコと付いたようですがそんなに小さいとも思えません。
コモウセンゴケ

雄しべは6本で直立、花柱は3本で先端が2深裂するので6本に見えます、でも花弁も花柱も白なのでわかりにくい。
コモウセンゴケ

これは雌しべが6本の様子がなんとか分かるかな、花弁の基部が黒っぽくなっていますがウマノアシガタのような蜜腺なんでしょうか。
コモウセンゴケ

横から見ると雄しべが直立、花柱先端が2深裂しているのがよく分かります、柱頭には細かな突起がある。
コモウセンゴケ

茎や萼に腺毛がある、花を撮るのに夢中で全く気が付かなかった(^^;)
コモウセンゴケ

やはりモウセンゴケと言えば腺毛が密生した葉ですね、しかし何でこんなに赤いのか。
コモウセンゴケ

葉が細長いのもありました、葉柄がハッキリしたモウセンゴケと比べて大分違います、茎は根生葉の中心からではなく脇から出ているようです。
コモウセンゴケ

茎下部にも腺毛があるようです。
コモウセンゴケ

粘球を持つ腺毛ドアップ、全体が赤いから余計綺麗、モウセンゴケは花期には粘球が少なくなりますがこちらはそのようなことはないようです。
コモウセンゴケ

ミミカキグサとのツーショット、同じ湿地でもミミカキグサはもっと水が溜まっている場所を好むようです。
コモウセンゴケ

モウセンゴケ科モウセンゴケ属

(7月31日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR