2021. 08. 06  
湿地の背の高い草むらの中に咲いていたヌマトラノオ、過去記事を見ると10年ぶり、しかも過去一度しか見てなかった。
ヌマトラノオ

オカトラノオは花穂先端が垂れ下がるのに対してこちらは直立するのが特徴。
ヌマトラノオ

白い5弁花、オカトラノオと比べて花弁の幅がやや広い印象を受けます、蜜が出ている。
ヌマトラノオ

オカトラノオも花弁の数が変化しやすいですがこちらも6弁のがありました、1枚は小さい、花弁に対応して雄しべも6本。
ヌマトラノオ

茎の下部が赤みを帯びるそうですがこれは流石に赤すぎる、湿地の中ですがこの場所は表面が乾いていて普通の靴でも歩ける場所でした。
ヌマトラノオ

湿地を脱出した山道にも咲いていました。
ヌマトラノオ

花序の半分以上咲いています、オカトラノオはほぼ終わっていますがこちらは少し遅れて開花してくるようです。
ヌマトラノオ

白い花は日陰のほうが撮りやすい、花の奥がザラザラしていますが微突起があるようです、蜜線も含まれているんでしょうか。
ヌマトラノオ

こちらも6弁のがありました、働き者の蟻が来ている。
ヌマトラノオ

もう一株ありました、これは咲き始めたばかりのようです。久しぶりだったので花を撮るのに夢中で葉を全く撮っててなかった(汗)、手前の葉も多分ヌマトラノオ、まだ花穂が全く出ていない。
ヌマトラノオ

サクラソウ科オカトラノオ属

(7月31日撮影)
2021. 08. 06  
これも湿地から脱出中に見かけたヘラオモダカ、見ての通り水が溜まっているような場所です。
ヘラオモダカ

この辺りに何株かありました、花は小さいけど草丈が高く周りの草より少し高く伸びているので目立ちました。
ヘラオモダカ

大きさ7,8mm、花弁は3枚、雄しべは6本、僅かに淡紅色ですが肉眼だとほぼ白です。
ヘラオモダカ

子房から多数の花柱が伸びて柱頭が外側に反曲しています。
ヘラオモダカ

もう1枚、こちらはもう少し色が濃かった、花弁基部が普通黄色ですがこれは緑色が目立ちます。
ヘラオモダカ

葯は外向き、自家受粉を避ける工夫、葯の色は普通黄色ですが褐色タイプのもあるそうです、これはどうでしょう、黄色じゃないけど褐色と言うほどでもなく黄褐色という言葉もあるしな、色の表現も難しい。
ヘラオモダカ

ピントがあってませんが葉身と葉柄の境目がハッキリしません、サジオモダカを期待したけどヘラオモダカのようです。
ヘラオモダカ

オモダカ科サジオモダカ属

(7月31日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR