2021. 08. 11  
近所のあちこちで見かけるセンニンソウ、よく似たボタンヅルは何故か近所では見かけません。
センニンソウ

ボタンヅルとの違いは葉を見るのが一番ですが花を見ても違いが分かります、花が大きい、より真っ白、これは主観的な違いですが蕾を見るとこちらは先が尖りボタンヅルは丸いと具体的な違いです。
センニンソウ

キンポウゲ科なので花弁はなく萼片、きれいに十字形をしています。
センニンソウ

花糸も葯も白いので雌しべとの違いが目立ちません。
センニンソウ

花柱は数本、柱頭が外側に曲がっていて突起が生えています、雄しべに粒々に見えているのは花粉のようでこれも白、どこまでも白ばかりなんだ。
センニンソウ

キンポウゲ科センニンソウ属

(8月10日撮影)
2021. 08. 11  
天気予報がコロコロ変わり予定していた秋吉台に行けず(せめて48時間後までくらいは当たってくれ)完全にネタ切れしたので近所を歩いて適当に見繕ってきました、3,4種類あてはあったけどついあれこれもで1時間位で11種ゲット。
石垣から垂れ下がるように蔓を伸ばして花を咲かせているナツフジ、左側にはまだ小さな蕾もあって長く楽しめます。
ナツフジ

長い総状花序、先端辺りはまだ小さな蕾ですが元の方は既に果実ができ始めています。
ナツフジ

花盛りの頃、下の方はまだ竜骨弁が開いていませんが他のは殆ど開いています、昆虫が訪問しなくても蕊が出てくるんでしょうか。
ナツフジ

旗弁の緑色の斑紋というのも珍しいかも。ただこれがあるので白い花ですが真っ白という印象はありません。
ナツフジ

束になった雄しべ、花糸下部は合着して筒状になっています。
ナツフジ

雌しべは雄しべより少し長く突き出ている、柱頭も小さいので目立ちません。
ナツフジ

上の方は子房が伸び始めています、花弁はちょっと触れただけでバラバラ落ちていきました。
ナツフジ

結実率はかなり悪いようで殆どの花で子房は伸びているけど元の方では果実を言えるのは僅かでした。
ナツフジ

花序軸に棘があると思いましたがどうやらこれは苞葉のようです、受粉しなかった花は子房ごと落とすんでしょうね、これを見ても結実率が悪いのが分かります。
ナツフジ

マメ科ナツフジ属

(8月10日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR